個人セッション(サービス案内・申込み)

  心理セラピー(対面)も新規受付を再開します。 
置去りにされた自分を救い出す

心の悩み、変えたいパターンがあることを漠然とでも自覚している方。生き方を変えたり、自分を取り戻すということをしたい方。

ご相談例

精神的不自由(対人パターン感情パターン、広義トラウマ、足枷となる人生脚本)、ショックトラウマ(いじめ被害性暴力被害)、生きづらさ(愛着スタイル・愛着障害アダルトチルドレン恐怖症対人緊張

個人セッションの種類

1.心理カウンセリング(心理相談)

目的:悩みの本質/望みを知る

「悩みの正体は何か?」「本当に望んでいることは何か?」を探求します。[1]客観的な診断ではなく間主観的に行います。 [2] たとえば、いま起きていることを内省して仮説を加えて図示すると、なにを試してみたいかが見えてきます。[3] 取り扱うことが出来る現実的な目標、ウェルフォームド・ゴールを見つける作業でもあります。 お悩みの本質を理解したり、見通しをつけることで気持ちが楽になることが多いです。また、心理セラピーの事前カウンセリングも兼ねています。

その他、ご要望により進め方は調整します。「ただ話してみたい」というのも可能です。

※現在は原則としてオンライン(Zoom)で行っています。

〔一般的な流れ〕
  1. お悩みやお申込された目的のヒアリング
  2. 対話を通してご自身を観察(心理的に何が起きているか、お悩みの本質は何だろ)
  3. 要因・解決法の仮説を生成[4]解決志向のケースフォーミュレーション。
  4. お気持ちの変化の確認(納得感、さらなる希望、気持ちの整理、現実的な目標[5]ウェルフォームド・ゴールの発見)
  5. 助言、提案(心理セラピーの選択肢、他リソースの紹介)[6]選択肢トーク

一般的なカウンセリングの「問題の明確化・探索・定式化」に相当します。このメニューでは介入(変化を起こすために働きかけ)は控えめですが、深い変化[7]不安が消えたり、次の行動につながったり、大丈夫を確信したり。が起きる場合もあります。また、対話の中で「トラウマ等が解決したらこんな感じ」を体験する[8]転移的治癒。それは一時的という説もありますが、私のクライアントにとっては着実な変化のようです。こともあるようです。

交流分析を参考(無意識を考慮した行動や反応のパターンの理解)に、生々しい類似事例・体験談を参考に、ご自身の内省を促します。カウンセラーの基本である「傾聴してますよ」って感じとは雰囲気違うかと思います。

快・不快での行動分析よりも、人間特有の「どうなりたいか」と「そうなれない」の葛藤を大切にします。

参考ブログ記事:「交流分析+実存療法」による 心理カウンセリング

2.心理セラピー(心理療法・短期療法)

目的:人生を変える

生きづらさの根本を解消するために、無意識レベルの変化を目指す短期療法です。直接お会いしてのオフライン・ワークです。人生を支配しているパターンを解消したり、生きづらさの根本原因にアプローチし、精神的な自由を得ることを目指します。

向いている人は、変わりたいという意思がある、涙を流せる、苦しみを自覚している、過去の記憶やイメージに触れることができる、症状よりも心を扱いたい人です。

※オフライン(対面)のみです。

〔一般的な流れ〕
  1. チェックイン:軽く雑談、気持ちを落着けます
  2. セッティング:セラピストと向かい合って椅子に座ります
  3. 目標確認:この日のセラピーの目的・要望を言葉にします
  4. 感情のワーク:思い出す、想像する、話す、椅子をうごかすなど
  5. 儀式的なワーク:動作や言葉を通して深い変化を取り込みます。独特の暖かさをや切なさなどを感じます
  6. 気になることやお気持ちの確認、今後について要望の確認
※無理して時間内にプロセスを押し込めることはしないので、途中までしか進まない場合もあります。※恐怖症や愛着不安定に関しては、少し流れが異なります。

※多くの場合、セラピストやアシスタントがクライアントの近くに移動したり、身体に触れます。
※多くの方が涙を流されます。汚れてもよい服をお勧めします。
※芸術に携わる方は、作風に影響がでる可能性があるので、事前カウンセリングでご相談ください。

感情焦点化を中心に、各種のイメージワーク(マインドフルネス-止観フォーカシングゲシュタルト療法、エンプティチェア、簡易ドラマセラピー、短期力動療法、再決断療法、インナーチャイルド、系統的脱感作)をマルチモーダルに組み合わせます。これらの多くは、感情や葛藤を直接的に扱うため「セラピストとの相性、セラピストの生き様によっても効果が変わる」技法群です。[9]それに対して、保険適用が進むのは、どちらかというと「誰がやっても同じ結果がでる」タイプの心理技法です

参考ブログ記事:「感情力動アプローチ」による心理セラピー

Kojunの心理セラピーの特徴

場所

心理カウンセリング(心理相談)

原則として、オンライン(Zoomシステム)で行っています。

心理セラピー

現在は、JR新大阪駅の近くの会場(公共施設、レンタルスペース)をセッティングしています。固定したサロンを持つ予定はありません。

  • 対面セッション中には、セラピスト(及びアシスタント)との距離が密接になります。必要程度の感染リスクをお互いに了解して実施するものとします。
  • セッション参加者のワクチン接種は任意としています。
  • 当日までの体調に注意し、体調の悪い場合は参加を中止してください。
  • 会場への移動時にはマスクを着用し、なるべく人混みを避けてお越しください。
  • 入室の際に手洗いうがいを行っていただきます。消毒液、マウスガードなどの使用について指示に従ってください。
  • 各会場の方針に従って、コロナ追跡システムへのメール登録や参加者名簿への記入をお願いします。
  • 対面セッションの終了後にも、手洗いうがいをしてください。

料金

一般向け個人セッション

心理セラピー(心理療法・短期療法)に先立って、セラピー方針を決めるために心理カウンセリング(心理相談)を受けていただきます。

セッション種別料金キャンセル料
心理カウンセリング(心理相談)(オンライン)
(60分)
11,000円
前日・当日:4,000円
前々日まで:3,000円
心理カウンセリング(心理相談)(オフライン)
(60分)
※新規受付停止中
15,000円前日・当日:7,000円
前々日まで:6,000円
心理セラピー(オフライン)
(60~90分)
20,000円前日・当日:7,000円
前々日まで:6,000円
フォローアップ・カウンセリング(オンライン)
(40分)
※心理セラピー後1ヵ月以内のみ
4,000円前日・当日:4,000円
前々日まで:3,000円

継続するかしないかは、1回単位でいつでも選択できます。しばらく様子をみてから継続するか決めることも出来ます。

「心理カウンセリング1回+心理セラピー数回」となることが一般的です。心理セラピーの回数は、1~3回で満足を得る方が多いです。愛着安定化の心理セラピーは5回くらいがお薦めします。

※オンライン心理カウンセリングの料金は前払いお振込となります。振込み手数料はご負担ください。対面セッションは当日前払いとなりす。キャンセル料は会場日時確定の時点から発生します。

※心理セラピーはセラピスト判断で多少時間延長される場合があります。その場合の追加料金はありませんが、念のため当日のスケジュールは余裕を持たせてください。

※スーパービジョンは面識のある方のみに提供しています。個別にご相談ください。

同意事項

個人セッション承諾事項に同意いただく必要があります。

このページのサービス案内を補完するインフォームド・コンセントを含みますので、必ずご確認ください。

ご利用の流れ・お申込み

オンラインの場合

  1. 下記のリンクからお申込み
  2. メールにて日程調整
  3. オンラインミーティングZoom URLのご案内。
    (この時点よりキャンセル料金の規定が適用されます)
  4. お振込みによるお支払い
  5. 予定時刻に、オンラインミーティングへ接続してくださ

オフラインの場合

  1. 下記のリンクからお申込み
  2. メールにて日程調整
  3. 会場のご案内(この時点よりキャンセル料金の規定が適用されます)
  4. 予定時刻に会場にお越しください(セッション開始時にお支払い。お釣りの出ないようにお願いします)

脚注[+]