心理セラピスト Kojun(こーじゅん、本名です)

 
東京で心理相談、心理セラピー(心理療法)、講座などを提供しています。

flower kojun

 

活動

心理相談・心理セラピー


心のお悩みに対する個人セッションを提供しています。広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定(愛着障害)、恐怖症など)を扱います。

医学モデルが「直す」「症状を消す」ことを目指すのに対して、Kojunの心理セラピーでは「その症状の下に隠れた根本原因にアプローチする」ことを目指します。問題を解決しようとする前に、本当はお悩みの正体を丁寧に探すことをお手伝いします。

交流分析、ゲシュタルト療法、再決断療法、インナーチャイルドなど無意識にアプローチする精神分析の流れをベースにしてきますが、クライアントと自身の体験を重視して、心理セラピー(心理療法)、心理カウンセリング、具体例重視の心理相談をしています。

 

声の配信

インターネット・ラジオ番組「あなたの隠れ家♡Kojun存在塾」パーソナリティー(8月から)

Apple Podcast 生き方が変わる Kojun深夜放送 「自分も人を愛せるのか? – 名著『愛するということ』を読む」(2015)

 

イベント

一般向けグループ・セッション/ワークショップや、対人支援関係者向けの講座をしています。

学校や文献で学ぶ心理学ではなく、たくさんの当事者と共に生き延びた実体験に基づくリアルな世界を伝えています。

〔イベント参加者の声〕

「Kojunさんの話を聞いていると、人間ってすごいなぁと思います。どんな人も悩みながら何かしようとしているのかな」
「今まで『これが“私”』と思っていた“私”が一旦崩壊しました」
「胸の奥がじんわりと温かくなる体験でした」
「自分の根本の真実に短時間でふれることができ、とても深い体験でした」
「魂がふるふるする程に心底楽しみました
「(ワークショップ後の)懇親会のときのお話が興味深い内容でした」

 

特徴

繊細さ

日本人の20%ほどと言われているエンパス体質です。私の場合は、他人の蕁麻疹(じんましん)を見ると自分の皮膚が同じ反応をする等があります。セッション中に独特の沈黙があります。

大胆さ

男女両方の性質を持ちます。大人っぽさと子供っぽさも共存しています。扱うテーマによっても流動的に変化します。

エンパスやジェンダー・クィアの人々は古来より悩み相談や儀式(今日の心理療法に似ている)を担っていたそうです。




 

好きな言葉

「知識は問題を解決しない」
「全ての人は最善を尽くしている」
 

どんなクライアントに好まれているか

悩みの解決に積極的な人、変化を求める人が多いです。

また、「いろいろ勉強したり試したりしたけど、どうもしっくりこない」「人から理解されない」という人も多いです。

男女を超越しているので性暴力被害に関する話もしやすいようです。

よく言われること

「暖かさ」「おもしろい」「初めて話せた」

 

その他

  • JAIST大学院大学 博士前期課程 修士号(認知科学)/広島大学理学部 学士号(脳神経回路網)
  • (社)日本プロセラピスト養成協会 養成講座修了
  • Points of You® アドバンストレーナー/Attitudinal Healing ファシリテーター
  • エコメンタル・カレッジ 顧問心理セラピスト(心理アドバイザー)


kojun in male