平安貴族の手をふさいでいたもの

Facebooktwittergoogle_plus

平安時代の貴族が、みんな棒みたいなの持ってますよね。

必ず持ってますよね。放したくならないのかな? 手がふさがって不便じゃないのかな?

機能はノートだっとか。

大事なことを書いたり、歌を書いたりして、自他とコミュニケーションしていたのでしょうか。

その重ねた板をスライドさせるユーザーインターフェースが、扇子の起源だとか。

さきほど街ですれ違った十数人。殆どの人が手にスマフォを持っている。

ん?

関連記事
【雑談】心理セラピストからみた「占い」... 「占い」って、心理職の私からみると、どんなものでしょうか。 ※「占い」といってもいろいろありますが、ここでは古来からある「卜占(ぼくせん)」、偶然に意味を施すようなものについてです。 ※「あんた、このままでは不幸になる」のように、決めつけて、人の可能性を狭める類は除外します。 私や...
カイル・メイナード氏をみて 両手両足のない登山家カイル・メイナード氏の講演をみました。 同氏はご自身の身体障害どうのを理解する前の幼少の頃から、困難な作業へのチャレンジと達成感を知りました。数時間かけてスプーンを使い、40分かけて靴下を履き、アメフトをし、達成してゆくうちに、世界最高峰に達したのだそうです。 結局の...
タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由... 性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわかったわ。だからうちの旦那は、ああなんだ」。 タイプ論を覚えて人...
逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。 以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
カテゴリー: 雑談 パーマリンク