平安貴族の手をふさいでいたもの

Facebooktwittergoogle_plus

平安時代の貴族が、みんな棒みたいなの持ってますよね。

必ず持ってますよね。放したくならないのかな? 手がふさがって不便じゃないのかな?

機能はノートだっとか。

大事なことを書いたり、歌を書いたりして、自他とコミュニケーションしていたのでしょうか。

その重ねた板をスライドさせるユーザーインターフェースが、扇子の起源だとか。

さきほど街ですれ違った十数人。殆どの人が手にスマフォを持っている。

ん?

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
勇気ある「1%な人々」の傷ついた心... いつか書いてみようと思っていたことがあるんです。 高校の体育祭で、クラス対抗の応援ダンス合戦というのがありました。 私がいたのは男子だけのクラス。「女子がいるクラスでは出来ないようなバカなことをして、笑いをとる」ことが恒例となっていました。 ダンスの決めのポーズのところで、ペアの一人が...
私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな... 「報道でLGBTを持ち上げすぎると、生殖が減って、人類の存続をおびやかすのでは」という弁を聞きました。 まあ、全員で生殖を担当しなくても人類存続は大丈夫だと思いますが(笑)。ちなみに、子育てをしているLGBTsはいます。私の小学生時代の同級生にはお母さんが2人いました。子供つくっている人もいま...
余計な同情の言葉もなく つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。   人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります...
重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展... 「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。   絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。 この日、財布を忘れて出掛けたの...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 雑談 パーマリンク