トラウマ即時治療シンポジウム

Facebooktwittergoogle_plus

港区麻布で、PTSD(トラウマ)即時治療のシンポジウムに参加しました。

「即時」とは、「速い」ではなく、「時に即した」という意味だそうで、応急のときは応急、安定させるときは安定の方法を。

このシンポジウムは私のような個人で活動するセラピストでも門前払いされず、主催の教授方々も謙虚。

デモする側の緊張も包み隠さず、身体反応を測定する器材も導入して、たんたんと。

関連記事
相談したいけど、秘密を話したくない。そんなとき探す相談相手は?... 相談したいけど、秘密を話したくない。人に言えない悩み。 はたして、秘密をばらされることが心配なのでしょうか? 本当は何を心配しているのか? もしかすると、説教されると思っていませんか? 一例として、「リストラされたが、どうしていいか分からない」という状況を挙げましょう。 ...
マイナスからゼロって、何やねん セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。 しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。 「セラピーはマイナスをゼロにするものです」と言わず、「私はマイナスをゼロにするプロセスに...
心理療法では「根本原因」と「原体験」を区別する... 過去は変えられません。心理セラピーは分析ではなく解決が目的ですので、心理セラピストは変えられないものを「原因」とは呼びません。 では、次の3つを扱います。 ○解決したい悩み 今困っていること 変えたい人生のパターン ○悩みの根本原因(心理的足枷) 深層意識や潜在意識にあり、人...
コンフォートゾーンの外に引きずり出そうとすると、コンフォートゾーンから出るのが苦手になる... 「コンフォートゾーンの外へ出ろ」と言われます。日々チャレンジしてください。でも、出ろと言われるほど出れなくなる、という場合は、注意が必要です。 コンフォートゾーンの外が恐いのか、他人によって追い詰められるのが恐いのか、どちらでしょうか? ところで、内なる自分に触れて、守りを解いたとき...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク