トラウマ即時治療シンポジウム

Facebooktwittergoogle_plus

港区麻布で、PTSD(トラウマ)即時治療のシンポジウムに参加しました。

「即時」とは、「速い」ではなく、「時に即した」という意味だそうで、応急のときは応急、安定させるときは安定の方法を。

このシンポジウムは私のような個人で活動するセラピストでも門前払いされず、主催の教授方々も謙虚。

デモする側の緊張も包み隠さず、身体反応を測定する器材も導入して、たんたんと。

関連記事
心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要... 心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと? こんなような話をよく聞きます。 (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。 (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。 心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要。 ...
自由を使わずに自由を手に入れることはできない... 自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。 心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。 そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、「あなたは価値のない人間だ。人目を気にして生きろ」と言うことも、自由...
アダルトチルドレン、トラウマなどの言葉と心理専門家... 医師が診断書を書く場合を除いて、心理の専門家が本人に対して「あなたはアダルトチルドレン(AC)です」とか「あなたはトラウマです」と言うことは基本的にはありません。専門家にラベルを貼られることで、そのラベルに支配される(新たな症状が発生したり、症状から抜け出しにくくなる)ことを嫌うためです。 私...
セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?... セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク