トラウマ即時治療シンポジウム

Facebooktwittergoogle_plus

港区麻布で、PTSD(トラウマ)即時治療のシンポジウムに参加しました。

「即時」とは、「速い」ではなく、「時に即した」という意味だそうで、応急のときは応急、安定させるときは安定の方法を。

このシンポジウムは私のような個人で活動するセラピストでも門前払いされず、主催の教授方々も謙虚。

デモする側の緊張も包み隠さず、身体反応を測定する器材も導入して、たんたんと。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?... セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分...
見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり... 「対話」は「会話」とは違うそうです。 お互いに見ている世界が違うことを前提に話すのが「対話」。 カウンセリングやコーチングでは、評価・判断(自分が見ている世界を相手に押し付ける)を控えるようにと教えられます。 しかし、「私にはそう見える」と付け加えたり、「ちょっと思ったことを言って...
【体験談】希死念慮の解消とその後 私は深層意識を変える心理セラピーによって、ある時期発症していた「死にたい」(希死念慮といいます)を解消しました。生きることに抵抗がなくなり、死にたくなくなりました。それが土台となって、生き方も変わってきます。 希死念慮を持つ人は意外に多いですが、それを解消したくない人も意外に多いようです。そも...
心理専門家は誰を友達だと思うか その1... あなたは誰を友達に選んでいますか? あ、そもそもですが、友達は自分が選んでいるのですよ、自分が。 一緒にいる時間の長さでおなく、好き嫌いでもなく、心理的な面から、こんな友達がいいなと思うポイントを挙げてみます。 その1:肝心なときに、余計なアドバイスをしない人 なんですが、その趣旨...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク