【コラム投稿】英雄の旅からの帰還

Facebooktwittergoogle_plus

(「地球を遊ぶ」通信より)

おはようございます。

(社)日本まごころコミュニケーション協会 スカイディメンションズクラブ 顧問心理セラピストの上野貢潤です。

「自由自在に地球を遊ぶ」。今回も心理面からそのヒントをお伝えしたいと思います。

「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」というのをご存じでしょうか。

古今東西の神話や物語に共通のパターンがあるということを神話学者キャンベルが発見しました。

その共通パターンを「英雄の旅」といいます。

 ※(参考)http://kojun.net/be-school の図

村の中に留まる生き方もあれば、旅に出る生き方もあります。

「自由自在に地球を遊ぶ」は、まあどちらかというと、旅に出る派ですね。

「英雄の旅」の前半では、「自由自在」を獲得するために、出会いや試練があります。

「英雄の旅」の後半では、お宝が得られます。お宝は「財宝」だったり、「もっと大切な何か」だったりします。

さて、「英雄の旅」の最後に「帰還」というパートがあります。出発点であった村に帰るわけですね。

試練があって、お宝が得られるというのは、まあそうでしょう。チャレンジと成果です。

どうして、わざわざ「帰還」というパートがついているのでしょうね?

それが象徴していることは、いくつかあるのですが、ここで1つとりあげるとしたら・・・

旅が始まる前と、旅の後を比較するために、「帰還」というパートがあるのではないかということです。

旅の前後の変化は、程度・量的な変化ではなく、質的な変化です。

Sky Dimensions Club では、そのような変化を「次元上昇」と呼んでいます。

「自由自在に地球を遊ぶ」。ただ遊んでいるわけではないのです。

でも、ただ遊びに来てください。

(スカイディメンションズクラブ「地球を遊ぶ」通信より)

関連記事
【コラム投稿】矛盾を超えて自由自在に... (「地球を遊ぶ」通信より) Sky Dimensions Club 顧問心理セラピストの上野貢潤です。 「自由自在に地球を遊ぶ」。今回も心理面からそのヒントをお伝えしたいと思います。 「自由自在」も「遊ぶ」も、矛盾をのみこんだ先にあるようです。 矛盾を超えて、自由自在に遊びましょ...
逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。 以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 ...
吉本徹也先生の「やまと絵」を観ました... 吉本徹也先生の個展(やまと絵)、なんとか間に合って拝見することができました。 絵中の子供の存在感が、平和でした。言葉で平和とか言っても伝わらないかと思いますが、絵を観ると確かに平和というものがあるのだと実感できます。 立体的な構図は、遠くからこちらへと向かう時間を感じさせ、しかし...
人はあるとき、本当の気持ちを言わずに何かを求めることを覚えます... ママが子供に「ここで待ってて」と言ったら、子供が泣き出しました。「足が痛い」とか「帰りたい」とか言っています。 ママが「帰りたいの?」と訊くと激しくわめきます。どうも本当は違うようです。 「ここで待ってて」と言われて沸き出た気持ち(感情)は、なに? でも、「置いていかないでほしい」...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 「地球を遊ぶ」コラム, 雑談 パーマリンク