考え方を変えると、心の悩みは解決するのか?

原因が自分の中にあると認めた心の悩みについて話すと、たいていの人は「考え方を変えろ」とアドバイスします。

アファメーション(ポジティブな言葉を言うことで、潜在意識に刷り込む)は、比較的浅いところには機能します。

根本的には自信があるけど、最近自信をなくしたというような場合。周囲からのネガティブな影響に応急対応する場合などです。

しかし、深い悩みとなると、逆効果となります。

たとえば、あがり症の根本が「緊張しないぞ」と自分に言い聞かせていることである場合などは、ポジティブアファメーションは抑圧に追い打ちをかけますので、逆効果になります。

「ぜったいうまくいく」「私はできる」など、効果か逆効果かみきわめる必要があります。

たしかに、なんらかの「考え」が心の悩みを作っているように見えます。しかし、深い悩みの場合は、根本原因は「信念」と呼ばれる深層心理である場合もあります。それは、「考え方」によって変えることはできません。

試してみるのはよいかもしれません。それで満足な結果が得られないなら、それは深いところに原因のある悩みかもしれません。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …