【体験談】集団に属するのが嫌いな私

私は懇親会が苦手なタイプです。あまり楽しめないし、ノリに合わせることが苦手です。せっかく何かのコミュニティに参加しても、社交的になれず、人脈的に損をしています。

ボランティアでお揃いのポロシャツを着るとか、みんなで輪になって同じ動作をするとか、抵抗があります。とくに、みんなが楽しくはしゃぎ始めると、ついていけなくて緊張する。

一人ひとりとは仲良くできるのに、グループは苦手。

心理療法では《集団に属してはいけない》というビリーフ(深層心理に刻まれた信念)として知られています。

それを解決する心理ワークの方法は知っているのですが、なぜかそれをやりたくない。
それをやって解決すれば、楽になるかもしれないけど、
でも、何か大切なものが置き去りにされるような気がしていました。

しかし、ある朝、ふと自分で簡易的なセラピーをやってみたんです。

なんと。人と交われないのではなくて、交わりたくない。

多くの場合、「みんなに拒絶されそうな気がする」とか「みんなに傷つけられそうな気がする」とかいう心理が出てくるのですが、私の場合は変わったのが出てきました。

「あらためて人と向かい合うと怖いな」←ここまでは普通

「みんな嫌いだ」

「同じ色になることを強制されそう」

ここで、小学生の頃の記憶が出てきました。
涙が出てくる。この心理ワークのこのタイミングで泣く人は見たことがありません。

一人の子を他の全員(私以外)がからかっている。イジメです。
友達が大喜びで興奮して、「おもしろいなあ」と言ってきました。
しかし、私には全く分かりませんでした。
道徳的な気持ちをもったわけではありません。
からかわれて反応している子の挙動(泣いたり慌てたり)は正常に見えて、からかっている子たちの挙動(目を大きく開き、飛び跳ねている)が異常に見えたのです。
自分と他の全員が違う生き物であるような感じです。

そして、私はこれに類する体験を人生で繰り返しているのでした。

「みんなと一緒に、みんなと一緒のことをするなんて、絶対に無理!」
というのが刷り込まれたわけです。

みんなが狂っているんだと思うとこわい、自分が狂っているんだと思ってもこわい。それを味わいたくないので、いつもグループから少し離れた場所にいる。

「一緒にいるとトラブルが起きそう。全く分かり合えないからケンカもできない。だから、耐えられなくなったら殺し合いになる」というような思い込みがあったようです。

そして不思議なことに、一人ひとりとは仲良くしているのです。

体験談・事例
赦しが引き起こすシャットダウン再起動

心の成長を伴う回復プロセスの中で起きるもうひとつのこと。赦しや安心のプロセスが進んだときに、瞬間的に …

体験談・事例
回復の中で出会う抑うつ

心の成長を伴う回復プロセスの中で、抑うつが起きることがあります。それは、成長に対する抵抗のようなもの …

体験談・事例
あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。 …