【体験者の声】無かったことにしてきた性被害

〈50代 女性〉

〔お悩み・目的〕
不穏な状態
高校生の時に性被害に遭いました。無かったことにしながら数十年日常を送っていましたが、ひょんなことからそれのせいと思われる不穏な状態に陥りました。私は教育、心理、福祉を学んでいるので、支援することは好きですが、支援されることは苦手です。セルフケアでなんとかなってきていましたが、この時はプロの手を借りるしかない、そう直感的に思い、コージュンさんを頼ることにしました。(後略)

〔結果〕
無かったことにしなくとも生きていける
私の直感は当たっていました。不穏さはなくなり、今は、過去の性被害を無かったことにしなくとも生きていける、という風に思えています。それは、あの時怒りたかったのに怒ることができなかった自分に気づかせてくれたこと、私は悪くない、ということに気づかせてくれたこと、理性的に処理するのでは無く、潜在意識に働きかけてくれたこと、それが私を癒やしてくれたのだと捉えています。トラウマは、人から見てどうか、ではなく、自分がどうか、であり、自分がそのトラウマのせいで日常生活に支障をきたしているのであれば、自分の信頼できるセラピストに委ねてみることをおススメしたいです。おススメできるようになったのは、コージュンさんに出会えたからだと思っています。感謝しています。

 

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。