【おすすめイベント】はたらく・たべる・わらう LIVES TOKYO

一人一人の個性が輝き、働ける社会へ向けて、様々な企業のアイデア、技術、提案が紹介されるようです。時代の可能性を知る参考に、視に行ってみようと思います。

1970年9月10日 はたらく・たべる・わらう LIVES TOKYO

過去にはなかった可能性が未来にはあります。この記事を読むことだって、20年前にはなかった情報収集です。

かつて障害と呼ばれていたものが、障害ではなくなったりすることも起きていますし。

先ほどカフェに声が止まらない障害の方がいましたが、今の時代、それくらいのことで誰も構えない。珍しい光景だけど、とくに誰も困ってない。

「普通」という幻想が解けてゆく世界、そんな予感も感じつつ。

関連記事

  1. 『不思議の国のアリス』とヒキコモリ

  2. 【雑談】お化けは「共感」を育む

  3. 立ち止まること

  4. 男性の下心は無意識化される

  5. 必要なことが揃うことはあまりないが、十分なことが揃うことはある

  6. 私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

  7. 現実にはあり得ない絵が、現実を表す

  8. 「自己責任」の前に精神的な自立と自由を