心理療法家の育ちかた – 知識が先か、体験が先か

大学教授が書いた資料や国の制度では、サイコロジスト系の心理療法家やカウンセラーは大学で心理学を勉強してから、次に実践経験をつむことが前提となっています。

ご自身と弟子ががそうだったから、それを正しい道だと教えるのでしょう。

私たちネイティブ・セラピストは逆で、先に実践体験があり、その後に心理学用語を学びます。

クライアントさんたちと歩むときに思うのは、体験より先に知識を学ばなくて本当によかったと思います。

「知識は人を救わない」ということが分かるからです。

私たちは心理セラピーのトレーニング中に知識を思い出そうとしていると「どこ見てるんだ。目の前のクライアントを観ろ」と注意されたものです。知識に喰われないことを最初に叩きこまれるのです。

学歴あるサイコロジストは知識を使って支援をします。厚生労働省も知識こそが最初に大切であるというスタンスで業界を整備しようとしています。

大学で心理学を学んだ人たちにとって、私たちのような心理学を大学で学んでいいない者が心理療法をするのは許せないでしょう。一生懸命に潰そうとする人たちもいます。そういうのを心理学では「否認」防衛機制と呼ぶそうです。

正解は一つだというわけです。

「大学で心理学を学んでいない自称セラピストが問題を起したら誰が責任を負いとるんだ」などと言うサイコロジストもいますが、大学で心理学を学んだサイコロジストのところでも問題は起きてます。

「学歴あるサイコロジストのところで上手くいかなかった」と言う人たちが「自称セラピスト」の私のところへ来て上手くいくこともあります。

人は自論に都合のいい情報だけをピックアップするのです。そういうのを心理学では「選択的注意」とかいうそうですが・・・・心理の知識は持っていても使えるわけではなさそうです。

私は多様だと思います。学歴があるサイコロジスト(臨床心理士さんなど)たちにも助けられましたし、高卒のネイティブ・セラピストたちにも助けられました。

まったく雰囲気も違い、役割が違いましたが、いろんな人が必要なのだと思います。

ともかく地位のある心理関係者の著作は発言は自分が全てを知っている前提になっています。

自分には知らない世界があると思える人たちが、今後つながってゆくといいなと思います。

日陰の存在になりがちなネイティブ・セラピストですが、権威セクターに入って歴史に名を残す人たちもいます。マーシャ・リネハンザビーナ・シュピールラインなどがそうでしょうか。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。