【雑談】お化けは「共感」を育む

Facebooktwittergoogle_plus

最近、共感が必要って、カウンセリングなどでは常識すぎること、書きました。

しつこく批判してきた評価・判断・アドレス(変えようとすること)は、共感しないときに現れる。

ナンパしようと夜道で女に声をかけたら、振り返った相手がノッペラボウだった。ぎゃーっ。逃げて、逃げて、逃げて、見つけた灯りは蕎麦屋。「で、で、でたっ、顔、顔がぁ…」と訴える。蕎麦屋は振り返って言う。「こんな顔だったかい?」

このお話がなんで名作かというと、共感を求めて裏切られるからね。

全ては体験のみからすか得られないです。こんな目にたくさん会ってきた人は、共感ができる。

それを育ませるためのお話だとしたら、恐い目に会う人の視点から書かれているわけです。

クライアント(旅の主人公)経験を避けて、あるいは避けるために対人支援者になった人は、蕎麦屋の役の経験を積む。蕎麦屋の経験では共感は育めない。この会談の主人公を生産するだけ。

さて、主人公はその後どうなるかは語られていません。でも、私は何例も見たことあります。

ほら、こわくなってきた?

ほら、でるよ。

主人公はその後、共感してくれる人に会い、共感できる人になる。うどん屋に出会って、うどん屋になるのね。

うどん屋に出会えず、蕎麦屋に出会い続けたりして、…ついにダークサイドに落ちたら、自分より苦しむ人がみたくなるのかしらね、…最初にナンパしようとした夜道の彼女になるのよ。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。 セラピストの …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。 クライアントの葛藤に …

体験のこと
知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。 それは、言葉を知っていることと、体験を知 …