LGBT勉強会なるものの印象

いくつかのLGBT勉強会に行ってみました。交流会はよい雰囲気のところが多いようです。勉強会については、正直なところ印象よくありませんでした。

「知識が欲しいけど、実物に触れたくない」「一般論には興味あるけど、各個人には興味がない」といった感じ。

参加者の中で「私は当事者です」という人がいると、講師やLGBTコンサルタントはその人を避けます。当事者でも学生/若者のような情報弱者はお好きなようです。大丈夫かしら。セミナー講師業で、自分よりも知識のある参加者が来ると緊張するという方はいますが、当事者はもちろん講師の知らないことを知ってます。そこは、しかたないですよ。話をしましょうよ。

知識情報が現実に即していなくて、当事者コミュニティとの接点がないことがよくわかります。

欲望の話なのに、あたかも自分は欲望がない観察者。
恋愛の話なのに、恋バナはしない。
アイデンティティの話なのに、お互いどんな人なのかに関心はない。

人間に関心を持てばいいのにと思いました。

心理学の専門用語をつかって、話をかっこよくまとめます。でも、体験はない。体験していたら、「私は理解を促進する支援者です」なんて言わないと思うんですね。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. クリエイティブファミリーのパマ

  2. ひきこもりに会ったことがない人の方が珍しくなる

  3. アセクシャルと「好き」

  4. 理解できないものを理解できないものとして受け入れる

  5. ジェンダーはセクシャリティではない

  6. なぜ人には寿命があるのでしょうか?

  7. 人から理解されなくて辛いと感じているなら

  8. 問題解決というよりも、生き方のセラピー