その悩みが人生のテーマである場合は

仲間と癒やしのワークショップの企画について話していて、ふと思ったこと。たった1日で癒やしが起こるなんて、主催の思い上がりねということ。

私自身、振り返ると、病院や施設に通っていながら、自分の苦しさについて最初の一言を出すまでに数ヶ月かかっています。障害やら困難やらもってギリギリまできた人たち(決して人を非難しない人たち)と、毎日、安心・安全なワークショップのような場にいても、それくらいかかる。トラウマだの愛着だの慢性念慮だの治療に挑戦したのは、そのもっと後のことです。

1日のワークショップって、まあ、癒やしが起きるように設計はするとしても、何にも話すこともなく終わる人なんかもいて当然。

自助グループでは沈黙や成果の出ない時間が大切にされていますし、アダルトチルドレンのワークショップでは生き残った人たちと会うことだけに意味があったりします。

「1日で鬱が治るメソッド」とかの話には、あんまり良い印象はないです。まあ、1日や1回のセッションで大きな変化というのは、実際にあるんですよ。ですが、それはケースであってメソッドではない。

単なる怪我なら、治せばいいんです。ですが、その悩みの根本が人生のテーマである場合は、しっかりと人生の一側面として大切にしないといけない。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
メンタルケアとセラピーの違い

ちょつと言葉が乱暴で不正確かもしれませんが、2つのサービスの違いについて。 メンタルケア(と、ここで …

心理療法セラピー関連
個人セッションの流れ(「原因論の罠」と「未来指向の罠」を超える)

「過去をほじくりまわす」だけのカウンセリングは、自分が不幸である理由がわかるだけです。人生で起きるで …

心理療法セラピー関連
私がこういう人間になったのは何故か、1つのセオリーに解釈を固定するのは危険

事情が違うのです。なぜ違うのかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。 I am …