共通言語としてのPoints of You

私はね、多くの先人たちがやってきた巫女の仕事をやってるの。

Points of You(写真カードを使った実践) は現代人と話すための言語よ。

私はPoints of Youに感謝しているけど、私にとってPoints of Youは目的ではないの。

そして、人によっては目的としてのPoints of Youを求めてることは知っています。

その人たちのために資格認定書があるのね。

私の講座の受講者は、半分くらいが認定書に興味ない人たちだったけど。

その人たちは、自分が求めたいるものを捉えていた。目的があったのよ。

L3、L4(上級資格)を目指したりしない、そんな人たちをこれからも大切にします。

練習課題の支援もするけど、それは資格をとるための支援ではなくて、練習自体に価値があるからよ。資格はオマケよ。

Points of You
Points of You Japanカンファレンス2019報告

2019年5月18日(土)奈良春日野国際フォーラムにて。鹿で有名な奈良公園ですね。 Points o …

Points of You
ハイヤーセルフに話かけよう

ハイヤーセルフという言葉があるね。 一般的には、顕在意識がセルフで、潜在意識(無意識)にハイヤーセル …

Points of You
講座のご案内

【受講者募集】 満席 ~基礎をしっかり~ エバンジェリスト養成講座 10/28(日) 10:00-1 …