怒りと攻撃は別のもの

人間関係

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。

危害を加えたり、罪悪感を追わせたりしたいのは、怒りではなく、憎しみや怨み。

セラピー体験者は、本当の怒りとはどういうものかを知ります。

むしろ怒れない方が人を不幸に巻き込みます。

怒るということは、自分を大切にすること。それは人を大切にすることの前提。

セラピーや何らかの変容のプロセスを経たことがなければ、この文章の意味も分からないわけですが。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

心理セラピー・心理相談
絶望を感じて、本当に前向きになる

あることについて最近やっと自分がこの世の中に絶望していることを感じるようになりました。拗ねていること …