怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。

危害を加えたり、罪悪感を追わせたりしたいのは、怒りではなく、憎しみや怨み。

セラピー体験者は、本当の怒りとはどういうものかを知ります。

むしろ怒れない方が人を不幸に巻き込みます。

怒るということは、自分を大切にすること。それは人を大切にすることの前提。

セラピーや何らかの変容のプロセスを経たことがなければ、この文章の意味も分からないわけですが。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
心の悩みの中の正常なパーツ

心の悩み、とくに神経症(広義トラウマ、恐怖症など)は解きほぐしてゆくと、正常な機能により生じています …

心理療法セラピー関連
原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。 誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。 …

心理療法セラピー関連
知識が少ないと知識を使いたくなる

知識が少ないと知識を使いたくなる。心理学を使って「すごーい、どうして分かるんですかぁ」と言わせる。そ …