怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。

危害を加えたり、罪悪感を追わせたりしたいのは、怒りではなく、憎しみや怨み。

セラピー体験者は、本当の怒りとはどういうものかを知ります。

むしろ怒れない方が人を不幸に巻き込みます。

怒るということは、自分を大切にすること。それは人を大切にすることの前提。

セラピーや何らかの変容のプロセスを経たことがなければ、この文章の意味も分からないわけですが。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …