【雑談】変な人はあなただけではない

人から変に思われるのではないかと心配して、小さく生きてしまっていませんか? 多少は変に思われても、それはたいしたことではないのかもしれません。

独りでファミレスに長居しておりますと、目の前のテーブルにいろんな家族がいらっしゃいます。

お母様が「虫が!虫が!」と連呼して、テーブルを移動していきました。

何かいたんでしょうね。

ちょっと異様でしたが、たいしたことではないかも。

「チンチン、チンチン」と言いながら注文を決める家族。

何を食べに来たのでしょうか。

ちょっと異様でしたが、たいしたことではないかも。

7歳くらいの男の子が、両親に「泣きたいときは泣いていいんだよ」と言っている。

何かあったんですね。

ちょっと異様でしたが、たいしたことではないかも。

変な人たちがたくさんいることに気づけば、人から変に思われることは、さほどたいしたことではないのかもしれません。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

雑談
男性の下心は無意識化される

男性が女性に対して下心をもつとき、それがバレないように、まず自分自身に対して下心を隠すということがま …

視点・本当の問題
売り手は、顧客視点を持てなくなる。

久しぶりに経営心理のお話です。 押し売りの気持ちがあるとき、たいていは本人はその気持ちを自分に隠しま …

自分と向き合う
自分に向き合うということ

自分に向き合うというテーマ。 簡単なことですが、ほとんどの人はできないことでもあります。 一時間くら …