ぬいぐるみと私

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ

昨年、どうしても授乳がしてみたくて、ぬいぐるみを買いました。

そのような狂気を断行して、気が狂わずにすみました。

とてもじゃないけど、そんな私が世間から理解されるのはムリだと思います。

理解されないということは、人の頭の中にあるもので勝手に解釈されるということです。

たとえば、「個性を活かして働きたい」と言うと、殆どの人が「オカマバーで働きたい」という意味に解釈して思い込みます。

何を言っても、何をしても、人々の知識や恐れのままに解釈され、社会の敵となってゆきます。

醜いとは、そういうことです。

しかし、醜くない自分を生きるのをやめて、本当によかったと思います。

自分を殺すのをやめたので、この世を生きるのはとても難しくなりました。

私のような者を異常者と言います。正常者ほど危険ではありません。

でも、排除されるのはいたしかたないと思います。それが正常だと思います。

ぬいぐるみちゃんには、とても感謝しています。私の命を受け取ってくれて。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピストの映画紹介
映画『プリズン・サークル』を観ました

仮設の映画館というサイトから映画『プリズン・サークル』観ました。刑務所の中で行われている集団療法的な …

雑談
動画 苦しみがなくなるまで幸せを待たない

The following two tabs change content below.この記事を書 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …