ぬいぐるみと私

Who is Kojun?

ワークショップなどのイベントで私が縫いぐるみを抱いて登場するのはお馴染みですね。

トランス女性のやり場のない母性でしょうか、どうしても授乳がしてみたくて、縫いぐるみを買いました。

そのような非常識を断行することで、気が狂わずにすみました。

とてもじゃないけど、そんな私が世間から理解されるのはムリだと思います。

理解されないということは、人の頭の中にあるもので勝手に解釈されるということです。

たとえば、「個性を活かして働きたい」と言うと、殆どの人が「オカマバーで働きたい」という意味に解釈して思い込みます。

何を言っても、何をしても、人々の知識や恐れのままに解釈され、社会の敵となってゆきます。

醜いとは、そういうことです。

しかし、醜くない自分を生きるのをやめました。やめて、本当によかったと思います。

自分を殺すのをやめたので、この世を生きるのはとても難しくはなりました。

私のような者を異端者と言います。異端者は正常者ほど危険ではありません。

でも、私のような異端者が排除される傾向になるのはいたしかたないと思います。人は変化を怖れるので、それが正常だと思います。

縫いぐるみちゃんには、とても感謝しています。私の命を受け取ってくれて。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
Who is Kojun?
カウンセラーをする動機にもいろいろあるようです

人を助けて徳をつむためにカウンセリングをしているというカウンセラーに会ったことがあります。 徳をつむ …

Who is Kojun?
やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ

わたしはカウンセラーであるわりには、共感的な反応が薄い。 これはカウンセラーよりはセラピストぽいとも …

Who is Kojun?
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …