【つぶやき】 傷つかない人はセラピストになれない

Facebooktwittergoogle_plus

【今日も秘密が少し漏れる】

傷つかない人はセラピストになれない。

傷つかないようにしている人もセラピストになれない。

傷つくのは嫌だけど、傷ついたときに傷つくことができる人はなれるかもしれない。

「じゃあ、オレが試してやる。傷ついてみせろや」と言われて真に受ける人も、セラピストにはなれない。

なれそうな人は、なろうとしない。

私の師匠の何人かは、自分が本物のセラピストだと気づいていない。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。セラピストのた …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。クライアントの葛藤に立 …

体験のこと
知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。それは、言葉を知っていることと、体験を知っ …