なんだかユルいセラピーのスタイル

Who is Kojun?

かつて、セラピーの練習会に行ってみて、なんか意見を求められたときに思ったことは・・・

セラピーすることが目的になってませんか?

ってこと。

手法にはステップがあって、そのステップシリーズが進まないと言って悩んでいるのだけど、そんなことクライアントの悩みではないのね。

慣れないうちは手法のことで頭がいっぱいになるってことなのかなあ。それが慣れてくると、クライアントを見る余裕が出てくるというのが一般的なのかもしれません。

私は最初の頃も、手法のことで頭がいっぱいになれなかった。勉強はしているし、意識もしているのだが、逆に目前のクライアントから出る何かに集中して頭がいっぱいになってたのだ。

だから、手法に関しては資料を近くに置いてやることにした。後輩たちの前でトレーニングデモをしたときも、資料をカンニングしてやった。

途中で資料を調べても、クライアントから「資料を見るってことは、ちゃんと知識を覚えてないんですか」と言われたことはない。

その他にも、「ちょっと待ってね」と言って考えこんだり、自分が深呼吸したり、玄人らしからぬ挙動をいろいろとする。

なんと思われようが、その場でできることをやる。そんなとき、クライアントがちょっと待ってくれなかったことはない。

できることのためなら、クライアントにも助けを求める。最大限に求める。

クスッと笑われたりもする。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …