【体験談】失恋のセラピー

ふと思いたって、失恋のセラピー、やってみました。自分に。

10年前の失恋ですが。
今更どうかとも思いましたが、しかし、…これいい体験です。ちゃんと他のセラピストにセッションしてもらえばよかったと思います。
ごく稀にですが、何かしら未消化な感じがありました。何か上手くいかないときに、あの時ちゃんとできなかった報いのように思えたり。
セラピーしてみて、それらから自由になり、歩きやすくなったというか、どこにでもいけるという気持ちになりました。
セラピーのプロセスで、こんな想いが出てきました。
残念に思うこと
  ↓
せつない怒り
  ↓
ずっと心配だったこと
  ↓
言っておきたいこと
最後の「言っておきたいこと」は、意外に些細なことでした。「寝るときに寒くないための対策して下さい」と。変なことが気になるんですね。
何かが静かに残っていて、私たちを歩きにくくしているかもしれません。失恋に限らず、辞めた仕事とか、かつて自分の一部だったものとか。
ちゃんと今を歩けていますか?
現在や未来を良くするために出来ること、いろいろありますね。
体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

体験談・事例
赦しが引き起こすシャットダウン再起動

心の成長を伴う回復プロセスの中で起きるもうひとつのこと。赦しや安心のプロセスが進んだときに、瞬間的に …

体験談・事例
回復の中で出会う抑うつ

心の成長を伴う回復プロセスの中で、抑うつが起きることがあります。それは、成長に対する抵抗のようなもの …