心の悩みの3つの相談先セクター

心の悩みの相談先は多様です。性質の異なる3つのセクターを意識すると見通しがよくなるかと思います。

ここに述べるのは私見ですが、ベースとなる元ネタはArthur Kleinmanのヘルスケアシステム(民間セクター、専門職セクター、民俗セクターの三要素で説明したもの)です。ご関心のある方は参考資料等を調べてみてください。

私の個人的な知見に基づいて心理支援の分野を心理支援システムとしてみてみようと思います。ここでは、医療かスピリチュアルかではなくて、権威か在野かというところをみたいと思います。

ユーザー(素人)セクター
家族や友人などの意見やサポート。
最近はネットワーク上での当事者グループや家族の会などでの情報スピードが急速に発達している。良質な意見交換もある。
専門職(権威)セクター
bio-medicine中心に組織化されていて、ロビー活動に強く、政府からのお墨付きを得ている。権力的なパワーを持っている。
精神医療(病院)と学術界(大学教授)とその周辺。
社会的に信用が高いため圧倒的な集客力がある。集客力ゆえに心理師/心理士などの有資格者もこちらに組み込まれる場合がある(病院のカウンセラー募集には「将来独立を考えていないこと」が好ましいと書かれていたりします)
オルタナティブ(在野)セクター
専門職セクターの組織や権力に組していない者。こちらなりに小さな組織があったりはします。
伝統的/民俗的なものに限らず、巨大な専門職団体、資格制度に取り込まれていない心理カウンセラー、当事者支援団体スタッフもこちらに含めたいと思います。
新しい手法や思想はこの在野で発生することが多く、のちに専門職セクターが取り入れることが多いようです。

ちなみに私は…

Kojunは専門職寄りのオルタナティブ。オルタナティブに属しますが、使っている技法は専門職セクターの臨床心理学の用語を使って説明することは可能です。

日本の精神医療は薬物療法が中心だったため、数年前までは心理セラピー(心理療法)はオルタナティブ(在野)で主に行われていました。それが最近は医療機関が心理療法だの言い出したので、私たち在野サイコセラピストの立ち位置がブラックジャックちゃんになってしまったのです。

昔は医療なしで子供を産んでいましたが、助産師が産婦人科に組み込まれたみたいなものですね。そのうち自信のなくて悩む人も「自己肯定感欠如症」とかの疾患名がついて医療の市場になるかも。

各セクターのリスク

ユーザー(素人)セクター
素人判断は常識や社会規範に支配されていて、逆効果のアドバイスをしやすい(「気合で治る」「泣かないで」など)
すなわち、間違えやすい(荒い)
専門職(権威)セクター
強い政治力とキャンペーンをつかって世の常識を支配する。間違いが発生しやすい。(「LGBTQは病気だ」、「精神疾患は薬だけが治療法だ」「医師がお勧めする」など)
すなわち、社会まるごと騙されていることがある
オルタナティブ(在野)セクター
権力の後ろ盾がないので、経済的に厳しい。客の奪い合いが露骨で、協力連携が苦手。相互紹介が弱いので、騙したもの勝ちになりやすい。気休めや、インチキまがいのものも発生しやすい。
すなわち、個別に騙されることがある

オルタナティブセクターのインチキセミナーで数十万円とられた人もいますが、専門職セクターの保険医療で薬漬けになって人生の8年間を失っり、失業した人もいます。どっちらが深刻かしら。

ユーザー(素人)セクターが一番大事

私が思うのは、ユーザー(素人)セクターが一番大事だということです。誰に相談するかを相談するところで、ここを大事にしておく必要があります。

相談する友達や家族がいないというのはとても不健全だと思います。商売としてではなく、情報交換ができる、助けてくれる人達があくまでベースだと思います。

あるいは、自分で支援者や相談先を選ぶのは失敗があるから、国が品質保証してほしいという意見は以前からありました。国家資格や国定施設ですね。自分で判断するということを放棄しないことをお勧めします。

国の制度に従った施設でも障がい者虐待や搾取が行われています。専門家よりも家族団体での対話から生まれる情報の質の方が高いことはよくあります。

このセクターのみぎ営利の力の外でありえることを忘れないでください。

パワーゲームがあると知ることが大事

各セクターの中に流派などがあり、それらは互いに商売敵として対立しています。セクター間にもパワーゲームがあると思ってよいでしょう。

パワーゲームがあるという前提で情報をみると、バランスよく心理支援システムを観ることができそうです。心理支援者もしょせんは人間であり、業界自体が心の病をもつと知ることが重要です。

いつの時代も、その時代の専門職(権威)セクターはその力をつかってオルタナティブ(在野)セクターの活躍を抑えようとします。中世ヨーロッパのキリスト教がガリレオガリレイの著書を発禁にしたように。たとえば、公認心理師という資格が最近できましたが、それは社会的地位のあがってきた臨床心理士の力を弱めて精神科医の地位を守るためにつくられたという説もあります。

専門職(権威)セクターもオルタナティブ(在野)セクターも商売だということを忘れないでください。

ユーザー(素人)セクターが情報や意見をもちよることが大事です。

参考:
Health Care System 池田光穂
『日本のありふれた心理療法』東畑開人著
医療における現実の多元性と多層性――アーサー・クラインマンの現象学的・解釈学的医療人類学――梶谷真司

関連記事

  1. 心理の「専門家」は役に立たないと言われ始めている

  2. 心理カウンセラーのトレーニング会で受ける衝撃

  3. カウンセラーの「傾聴」が気持ちわるい!?…からの「共感」を捨てるトレン…

  4. カウンセリングの基本は「傾聴」だそうですが

  5. ある当事者からみた日本の心理業界の今昔

  6. 心理セラピストは心理学を捨てる

  7. 机上の地球

    「二次利得」という言葉で人を裁かないで

  8. 大学教授を怒らせてしまった話