「セラピストはこわい」と言う人がいます

セラピストを名乗ると、「危険」「こわい」と言う人がいますね。その意味を聞くと、「人の心が見えるんでしょ」と言う。「見えないよ」と答えていましたが、実は見えなくもない。

それは、心を読む側が支配者で、読まれる側は支配されるという世界観に基づいています。スパイ衛星ある国が有利になって、ない国がふりになるみたいにね。

コンビニにあるような「人の心を読む心理術」みたいな本は、読まれる恐怖の裏返しの心理で売れる商品。

劣等コンプレックスの人は、隠しカメラで人の私生活を覗き見したくなったりします。

さて、セラピストが体験する「見える」はそのような支配願望を満たすものではありません。

共感のようなものと言えば、大まかに近いかもしれません。でも、そう言うと同情をイメージする人もいて、それは違います。

それはセラピストが自分の闇の向こうを見ることができるということにすぎないのです。

なので、他人のセキュリティーを脅かすというよりは、人の光を信じることであったりします。

人の心を読んでいるのではなくて、人の心を肯定しているのです。否定しないから、見える。もともと見えてるものを無いことにしないだけ。

セラピーていうのは、心理術で人の心を読んで、それをいじって治すというほど能動的な作業ではなかったりします。

なので、心理セラピーは「施術」ではないでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …