「Points of Youて一言でいうと何なんですか?」

使い手によって様々かもしれませんが、一般的な答えは…

・コミュニケーション・ツール
・インスピレーション・ツール

にゃ。

コミュツーとインツー。

コミュツーとしては、見よう見まねで簡単に使いはじめられるにゃ。

写真を使って話すと、話しやすいってこと。普段は言葉にならないことが、言葉になる。楽しい雰囲気になる。

…だにゃ。

インツーとしては、ちょと手こずる人もいる。

新しい発想や、思いもよらない自分の気持ちに気づいたり、偶然のカードにビックリしたりね。たんに盛り上るだけではなく、ふかーいのが出る。

…だにゃ。

インツーに手こずる人も、コミュツーとしては使いはじめられる。だから、「話しやすい場をつくる」を意識して、始めるのがおすすめ。

インツーの方が、拡散と収束がしっかり問われるという技術的なことがある。もうひとつ、セッショニストやファシリテーターの自己受容が問われるというのもある。

インツーの技術的なことは、誰かに教えてもらえば、すぐ解決にゃ。誰のスタイルでもよいけど、私のところでも「目から鱗」と再受講さんたちが言ってるやつにゃ。

インツーの前提となる自己受容(ありかた)は、生き方でもあるので、価値観にもよる。お稽古ごとなので、再受講やグループカウンセリングでフォローするにゃ。

 

1day講座(エバンジェリスト養成講座)では、インツーの挑戦に時間をかけてもらってる。

3days講座(トレーナー養成講座)では、コミュツー応用とオリジナル開発に時間をかけたいにゃ。

コミュツー応用とは、話しやすくした後で、安心をたもったままさらに絡んでゆくdevotionな関わりのことにゃ。

オリジナル開発は、インツーを自分のためにしっかり使って、自分自身がツールになる体験。「私は何をしたいのか?」に気づくインスピレーションね。

コミュツーとインツー。ツールと基本メソッド自体には、「人を変えようとする」機能はないというのも特徴にゃ。

[戻る⇒Points of You 実践のヒント]

 
※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。