ワークショップ中に、参加者が「それはやりたくありません」とか、「それには答えたくありません」と言うことがあります。

それが起きたなら、その参加者はファシリテーターを信頼しているということです。

用意されたシナリオよりも、参加者やここで起きていることを大切にしてくれるファシリテーターだと見込まれたということね。もしくは、そう期待されています。

セラピストを名乗っていて、ある程度信頼されると、「あなたには言いたくない」とか「この場は居心地が悪い」とか「このワークは嫌いです」とさえ言われることがあります。それはトラブルではありません。その参加者はプロセスを信じているのです。

Trust the process.

Trust yourself.

[戻る⇒Points of You 実践 のヒント]

 
※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。