Kojunの心理セラピーの特徴

お申込みの検討は「個人セッション(サービス案内・申込み)」をご覧ください。

ご相談内容

主に扱う領域

一言でいうと「生きづらさ」です。

人生を支配する感情パターン/対人関係パターン、性暴力トラウマ、精神的な不自由(人の目を気にし過ぎる、人に支配される、職場の虐め等)、虐め被害トラウマ、長引くショックトラウマ(広義PTSD[1]DSM-5の定義に限らずストックホルム症候群後遺症、性格への影響も含む。)、愛着不安定(愛着障害)、アダルトチルドレン/原家族の心理的影響、対人不安自己肯定感/自信、長引く喪失(死別など)、恐怖症などを扱います。

苦しみの解消を支援しますが、「病気を治す」というよりは「人生を進める」という感じです。(過去から目をそらすわけではありません)

できないこと

  • 他人を変える(「あの人をなんとかしてほしい」)※ご自身側の心理的な対処法の相談は可能。
  • 過去を変える(「記憶を消してほしい」)※過去の意味が変わることはあります。
  • 本人の意思によらない相談(「カウンセリングを受けなさいと言われたので来ました」)

あまり扱わない領域

双極性障害、統合失調症、精神病は当方の主なセラピー手法の適応外です。アルコール/薬物の依存症災害トラウマ、強迫症、未成年のお悩みも心理セラピーでは扱わないことが多いです。

発達障害、行動障害、子育て方法認知症ケア終末ケアについては、直接的な専門性は高くありません。それらに関して、ご自身の価値観や家族葛藤などの気持ちの相談は可能です。

心理セラピー/心理相談の特徴

Kojun

短期間での変化

心理セラピー(心理療法)は、1回ごとに成果をねらう短期療法が主になります。多くの場合、事前相談と心理セラピーの計2~5回で結果を得ます

愛着不安定や感情抑圧が強い場合などは回数が多くなることがありますが、それでも傾聴中心のカウンセリングのように1~2年間通い続けることは稀です。[2]営業的にはリピート客を蓄積できないので、開業カウンセラーの中でも珍しいと思います。

ただ、短期療法のコツは変化を強制されないことでもあります。1回ごとの成果をねらうと言いながらも、背中押しは弱めです。[3]「べつに不幸でもいいじゃーん」みたいな緩さもあります。

矯正的な技法をあまり使わない

間違いや歪みを直す矯正的なアプローチ(認知行動療法、論理療法、暴露反応妨害法など)、快・不快の制御によって人の行動を変えるアプローチ(応用行動分析、嫌悪療法など)はあまり使いません。

たとえば対人不安が主訴である場合、人に近づくことに慣れさせる「暴露法」や、人は恐いという自動思考の修正をする「認知療法」などは殆どしません。というか、それで解決するようなクライアントは殆ど来ません。対人不安になる必要があったことを肯定して、その背後に隠れている大切な感情を処理しながら、対人不安の役割を終わらせるというアプローチが主となります。

「修正」「直す」というよりは「人生の宿題」「置き去りにしてきた自分の救済」という感じです。

社会復帰や直すことを目指すのではなく、心を自由にする、解放を目指す心理セラピーです。

※とはいえ、カウンセリングにおいてユーモアを交えて自動思考を修正する(≒論理療法)くらいのことはします。

※とはいえ、ケースフォーミュレーション(お悩みのメカニズム解読)でスキーマ/中核信念[4]深層心理に刻まれた「私には価値がない」「誰も信じられない」など。の見立てもします。心理セラピーを通して認知が修正されるという意味では、矯正的アプローチであるスキーマ療法[5]実際には統合アプローチなのだけど、認知行動療法の発展形とされている。と背景理論はよく似ています。

※とはいえ、「昆虫が恐い」のような恐怖症には、矯正的アプローチである系統的脱感作を用います。

参考記事:いまどきの認知行動療法と感情力動アプローチを比べてみる

技法の組み合わせ

特定のメソッドや流派を過信することなく、流派の異なる複数の師匠、意見の異なる複数のスーパーバイザーから学んでいます。

心理カウンセリングで使う理論

交流分析、抑圧理論、対象関係論、愛着理論 をベースに、実存療法、当事者研究などの視点を含みます。

参考記事:「交流分析+実存療法」による 心理カウンセリング

心理セラピーで使う技法

感情焦点化・短期力動アプローチと実存主義などの人間性アプローチを中心にイメージワーク(マインドフルネスフォーカシング、ソマティック(身体指向)心理療法、ゲシュタルト療法、エンプティチェア、簡易ドラマセラピー、再決断療法、インナーチャイルド/セルフリペアレント、系統的脱感作)の技法折衷[6]臨機応変に技法の組み合わせるです。1回のセッションの中で数種類の技法を使います。

感情力動アプローチ

感情焦点化・精神力動

Kojunの心理セラピー(心理療法)の中心的技法は、感情力動アプローチ(感情焦点化・感情処理、短期力動、ゲシュタルト、深層信念・禁止令分析に基づくアプローチ)です。[7]おそらくスキーマ療法は似ていると思います。

「抑圧された感情」を解放することで、心の足枷を解いてゆきます。[8]「劣等感」「罪悪感」「見捨てられ」「支配される」などをテーマとして人類共通の基本感情「悲しみ」や「怒り」を扱うことが多いです。

たとえば、対人不安の原体験(虐められた)をイメージワークで再現するして、そのとき助けるどころか加害者に媚を売っていた傍観者たちに対して「おまえら卑怯だぞ!」と気持ちを吐き出すと、永年悩んだ対人不安が外れたりします。

ただし、「感情を出しましょう」と言ったくらいではカギとなる隠された感情をみつけることはできません。

感情や葛藤を直接的に扱うため早く変化が得られます。ですが、自分にとって信頼できるセラピストと出会うまでに時間がかかります。

力動アプローチは、抑圧された感情、葛藤を直接に扱うため、「セラピストの知識」よりも「セラピストの生き様」が影響します[9]クライアントの心を開き、勇気を与えます(代理強化)。そのためか、「誰がやっても同じ結果」となること[10]手順が標準化されていて再現性がある。「科学的」とされる技法はこちらです。を好む医療や行政モデルなどではあまり行われていない印象です。

たとえば、暴力被害のテーマの場合、暴力現場で痴漢や加害者と実際に拳を交わせたことのあるセラピストのほうが上手くいきます。涙と再生のプロセスは、大事なものを失ってきたセラピストのほうが上手くいきます。

参考記事:「感情力動アプローチ」による心理セラピー
参考記事:精神力動アプローチは呪術儀式みたい!?

感情を高ぶらせるセラピーはクライアントに負荷がかかると言う専門家もいますが、実際のセッションは暖かい場となることが多いです。

症状の解決にとどまらない、性格や自我機能の永続的な変容を目指す。

『心理療法の交差点2』第一章 妙木浩之(短期力動療法の目的の記述)

ナラティブ・アプローチ

心理カウンセリングのケース見立ては、「理解された感覚/理解できた感覚」を重視する間主観スタイルです。間主観スタイルでは、主観を大切にしながらも、一緒に主観を超えてゆきます。

「科学的で標準化された支援」ではなく個別性を重視する点は、ナラティブ・アプローチとも呼ばれます。科学的とされる統計データは、あくまで他人の情報として参考にとどめます。

クライアントがセラピストの存在(生き方や意見)と出会うことで起きる反応を一緒に観察し、本人にとっての真実を大切にしながら、実感や納得のある見立てをします。 [11] 客観的を捨てて間主観的を目指すことをサリバンは関与観察と呼びました。

セラピストとの出会いにより、自分のことが解ってくるといった具合です。 [12] 実存療法と呼ばれることもあるようです。

たとえば、人前で泣くことができないクライアントの前でKojunが涙を流してみせて「私は涙を見せることができるんですけど、これを見てどう思いますか?」と尋ねることもあります。

言語指向+身体指向

また、身体感覚を重視しており、具体的にはワーク中にタッチや動作指示があります。マインドフルネス、フォーカシング、ソマティック療法、ゲシュタルト療法などのライヒ系[13]S.フロイトの弟子でありながら身体性を復活させたのがW.ライヒと言われます。の技法がこれにあたります。

ショックトラウマ(PTSDなど)や愛着不安定に関しては、このあたりが重要になってきます。

とくに「身体に意識を向けてください」と言ったりするだけでなくセラピストがクライアントの身体に触れるタッチ技法は、「誰がやっても同じ結果」とはなりにくいです。人に触れられるのが苦手な人から「あれ、あんたなら大丈夫だ」と言われたり、「暖かいものが流れ込んでくる」と言われるくらいの相性でなければ、ただのオマジナイになってしまいます。

深層心理セラピー

かさぶた(症状)をとるのではなく、かさぶたの下にある傷を癒すことを目指す、ゆるしのセラピーとも言えます。

近年の主流となっている浅層心理セラピー(対症療法や、認知行動療法など)よりも、深層心理セラピーはおもいきってやってみたい人に向いています。

 浅層心理セラピー(医療機関など)深層心理セラピー(Kojunのサービス)
メリット過去や感情に深く触れなくてすむ効果が深い、よい人生経験になる
デメリット根本解決ではない場合がある信頼できる支援者を探す必要がある
世界観不合理な行動や考え方の癖を理性で修正する
(自分を直す)
置き去りにされた大切な自分を救済する
(自分をゆるす)
目的日常生活の維持、社会復帰、苦しみの緩和生き方を変える、自分をとりもどす、精神的な自由
(例)
対人恐怖
人に近づく練習により、対人場面に慣らす

「緊張する必要のあった幼少」などに耳を傾け、ゆるし、対人恐怖という生存戦略の役割を終わらせる

この表は大雑把な参考イメージです。

※認知行動療法などは医療保険適用となるので、医療機関のほうが費用は抑えられるかと思います。そのうちAIアプリでできるようになると思います。

参考記事:心理セラピーでは、変えられない過去を「原因」と呼ばない

参考記事:心理療法の「過去の記憶」に触れる/触れない(音声あり)

ネイティブ・セラピスト

感情力動アプローチは深く感情に触れます。クライアントの涙や鼻水でセラピストやアシスタントの服が汚れます(笑)。ですが、「暖かい、安心してできた」という感想が多いです。

ですが、クライアントから「心理師[14] 知識を学んで資格を取って心理専門家となった人たちさんのところでやったことあるけど、上手くいかなかった」と言うのも何度も聞きました。

次のように問うてみるとよいかと思います。いま自分が求めているのは、「私は学んできました」という支援者か、「私は体験してきました」[15]臨床経験のことではないという支援者か?[16]当事者経験がある人が全てネイティブ・プロフェッショナルではないです。

参考記事:ウーンデッド・ヒーラー(傷ついた癒し手)とヘルシー・ヘルパー(健康な援助者)

災害直後に時期尚早に感情に触れるセラピーをしてしまった失敗が続出したという話も聞きました。知識として覚えた技法は使いたくなります。自分の洞窟に入ったことがないセラピストは当事者体験がないので、「トラウマが必要だからトラウマになっている」ということが分からず、知っている知識を使ってしまうのだと思います。専門家はこわいです。

心の成長・変容を重視

手法は心理療法ですが、「病気を治す」というよりは「人生を次へと進める」という感じです。

お悩みを「病気」というよりは「人生の大切なプロセス」として扱います。クライアントが自由になる、その人として存在することが目的です。(人間性心理学

KojunはPTSD、神経症、広義トラウマなどの心の問題はたいてい人間の正常な反応だと思っています。社会復帰・症状解消よりは、自分を取り戻すことを重視します。

本人中心(当事者視点・事例重視)

当事者視点での心理支援、すなわち「治療」ではなく「克服支援」を提供しています。一般的に心理支援者は「このクライアントに対しては、どのようにするのがよいだろうか」と考えるのに対して、Kojunは主に「自分がこのクライアントの立場だったら、どうしてほしいだろうか」あるいは「クライアントが心理のプロだったら、なにを求めるだろうか」と考えています。

”社会復帰”や”普通に戻す”ことを重視しません。(人間性心理学、実存療法)

「心理学がどうであれ、ぶっちゃけあなたはどう生きたいですか?」

(当事者運動、依存症自助グループは)いずれも、専門家が一方的に定義してきた回復を、当事者の視点から再定義したと言えるだろう。

『当事者研究』熊谷晋一朗著

原則#4 クライアントが支援プロセスのディレクターである。

Charles RappらのStrength Modelより

生々しい類似事例(他者のストーリー)を紹介して、ご自身の内省を促すことも、Kojun カウンセリングの特徴です。

また、クライアントを弱者として扱わない点はゲシュタルト技法と共通です。

そのクライアントが、自主性があり、自分で癒すことができ、そして統合することが可能である存在であるという信念のもとに成り立っている。

『GESTALT COUNSELLING IN ACTION』クラークソン著

さて個性化の目的は、一方ではペルソナという偽りの覆いから、無意識のイメージの暗示力から自己を解放すること、それに他ならない。

『自我と無意識の関係』C.G.ユング著

「習った通りにやる」のではなく「必要なことをやる」というスタイルはブリーフセラピーと共通です。

短期療法の祖とされるM.エリクソンは、使えるものはなんでも使うスタイルを「ユーティライゼーション」、専門家の常識に反することを怖れないスタイルを「アンコモンセラピー」と呼びました。

科学よりも体験・実存

Kojunのクライアントは症状の解消を目標にしながらも、そのプロセスを通して心が存在を取り戻したり、生き方が変わることを目的としています。クライアントが買うのは「科学」ではなく「よい体験」であるとも言えます。

科学的であるかどうかよりも、よい体験であるかを重視しています。根拠や説明を科学ではなくクライアントの実体験の中に探します。(Value Based Approach

苦しみを経験することなく十全な人間になることはできない。

ロロ・メイ

参考論文:『医療の多様性と“価値に基づく医療”』尾藤 誠司

参考記事::心理支援者の種類~たくさん助けたい人、ひとりを助けたい人

こんな人が相談に来ます

中年期(30~50代)の方が殆どです。[17]人が生き方を変えるこの時期をユングは「人生の正午」と言いました。

原家族[18]幼少期の親兄弟。の影響に悩む人が半数くらい。性や虐めの暴力被害については、出来事から時間の経過している人が多いです。[19]Kojunは性別越境しているので性暴力関連の話をされる方は多めです。

職業は、会社員、自営業、無職・起業中と様々。一部の玄人に好まれ、対人専門職(福祉・人事など)の方も多いように思います。

多くは、公的機関/心理師/病院など(在朝・権威セクター)で成果が出ない人たち。教科書的な専門知識だけでは上手くいかない方々、そういう意味では難易度が高いクライアントです。

ですが、自分と向き合える、モチベーションが高い[20]権威任せではなく自助努力でセラピストを探すくらいですから。という意味では、逆に成果は出やすいクライアントでもあります。

主体的(プロアクティブ・クライアント)であることが共通点です。

  • 自己決定に基づいて進めたい。
  • ”治してもらう”ものではないと気づいている。
  • 悩みの克服に積極的。
  • 安心して思い切り取り組むために、相性のよいセラピストを探している。

白衣を着ている先生の言う通りにしていると安心みたいな人は来ないです。

治療してもらうのではなく、自分が選ぶ克服。自分がどうしたいかを想い、自分の目でセラピストを選ぶのだと気づいた人たちです。

施設ではないので、ケア(世話)よりも変容・変化を求めているのも多く共通します。どのような変容・変化をお望みか具体的に言葉にできていないということはよくありますが。

  • 悩みに直接向き合いたい。
  • 慰めではなく解決をしたい。
  • ネガティブなこと/苦しみを否定するのではなく、通り抜けたい。
  • 一時的な慰めではなく、永続的な解決を目指したい。
  • 人生の時間には限りがあることを実感している。(30~50代のクライアントが多い)
  • 「自由になりたい」「存在したい」(これがKojunの商品だと思います)

多くは10年間以上も自分に合ったセラピストを探すのに苦労されている方であり、ご自身でかなり調べたり学んだりしいる場合も多く、肥えた目でセラピストを選びます。(悩みが解決した後の感想で、あちこちの心理支援が上手くいかなかったことを語ります)

  • 既に何人かの心理支援者(カウンセラー、心理師、精神科医)に会って、セラピスト選びの精度を上げてきた。
  • 既にいろいろ試していて、自分のお悩みの難しさが概ね分っている。
  • お悩みをかかえてから10年以上、相談相手が見つからなかった/わかってもらえなかった/本題を話せなかった。
  • 「わかってもらえない」(約半数のクライアントがこの言葉で人生を表現します)

ですので、コロナ以前からオンライン相談を要望されたり、旅費・宿泊費をかけて来るクライアントもいました。(有名でもないのに^^)

個人セッション体験者の声

変化を求める人向け

どちらかというと、悩みぬいた方むけです。準備期~実行期の方が個人セッションに申し込まれます。

ステージKojunの解釈Kojunのサービス
無関心の時期
困っているが変化ではなく世話を求める
「私は〇〇障害だ」とラベリングしている
とくになし
熟考の時期
根本解決や本当の幸せについて調べる
人生の責任者[21]禅語では「主人公」と言うそうです。になる
ブログ/講座
心理カウンセリング
準備の時期
解決可能性を知る心理カウンセリング/事前相談
実行の時期
変化のためのアクション心理セラピー(心理療法)
維持の時期アフターケア
ワークショップ
※Prochaska,J.O.の TTM Stages of Change を参考に作成

関連ブログ記事

Kojunセラピー関連のブログ記事はこちらをご覧ください。

お申込みの検討は「個人セッション(サービス案内・申込み)」をご覧ください。

脚注[+]

stand.fm

心理学のウケウリ紹介ではない、私がこの目で見たことのお話を。 話し手:Kojun https://kojun.net…

>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。