本当の自分になるガイド


人間の成長に必要な試練をいかに暖かいものにするか。
自分と向き合う道をいかに面白いものとするか。

「精神的にとても苦しい」
「ビジネスの課題が堂々巡り」
「なにか大切なことのために自分は生まれてきたような気がするが・・・どうしていいかわからない」

すべては同じ、心の仕組みが関係しています。

人生の法則 – ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)理論

神話学者ジョーゼフ・キャンベルは古今東西の伝承や物語を調べ、それらに共通のパターンがあることを発見しました。これを「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」と呼びます。人の成長の過程には一定の法則があり、物語はそれを応援するための古来からの知恵なのでしょう。

英雄の旅

この中の「ドラゴンとの対決」は主にコンサルタントが支援を得意とするところです。それに対して、「深い洞窟」は心理セラピストが支援を得意とするところです。

スポーツ・コーチングでも、1970年頃からアウターゲーム(対戦相手との闘い)とインナーゲーム(自分との闘い)というものが認識されています。たとえば「練習で出来ることが本番では出来ない」といったようなことがインナーゲームです。

インナーゲームは、たとえば「人からの評価が気になる」などの深層心理(意志や心掛けで変えられない心の条件反射)との闘いであることもあります。

心の病、対人不安、ワーカホリックなどは、インナーゲームをやり残したままアウターゲームに挑んでしまったとみることもできます。

人生の後半へ向かうとき立ちはだかる大きなインナーゲーム(最も深い洞窟)を「人生の宿題」「人生の足枷」と呼ぶ人もいます。これを解消しない限り、「使命」や「天命」に生きることは出来ないと言います。

自分が何を恐れているのか無自覚のまま、相手と戦うと不毛な結果になることがあります。

多くの経営者が「そんなことはわかってる」「感情に浸っている暇などない」と言って「深い洞窟」を避けます。その割合は9割くらいのように思います。9割の会社が数年以内で廃業するということと何か関係がありそうです。

そして、経営者が「深い洞窟」を避けようとするときの台詞と、いわゆる心の病の方々の回復が滞っているとき(またはセラピーを断念するとき)の台詞とは、とてもよく似ているのです。経営者がブレークスルーするときの台詞と、人が心の病から回復するときの台詞もまた、よく似ているのです。

これらのことは、ヒーローズ・ジャーニー理論が示すように、人の成長、克服物語には、経営、心の病、人間関係などなどにまたがる共通の何かがあることを示唆しています。それは剣術(アウターゲーム)以外に、心の試練(インナーゲーム)があることも示唆しています。

心理セラピストは、自他のインナーゲームの具体的な場面も目撃した経験があり、そのプロセスをナビゲートする者です。

参考:

洞窟の中にあるもの – EQ(心の知能指数)

まずは、神話の中にみられる「深い洞窟」の描写を観てみましょう。映画『スターウォーズ』で主人公ルーク・スカイウォーカーがヨーダのもとで修行している場面です。促されて洞窟に入りますが、「武器は必要ない」というヨーダの忠告には従いません。

作品によって表現は異なりますが、大抵は「自分との闘い」「怖れ」などが表現されています。作品によっては「深い悲しみ」が扱われる場合もあります。

洞窟の中では、あなたが人生の前半で身につけた、有能さ、好感、強さなどは役に立ちません。ある種の勇気と想いだけが役に立ちます。

「だって、やらなきゃ、やられるじゃないですか!」

言っていることが間違っているわけではありませんが、この状態では、心理コーチングを進めたり、心理セラピーを始めることができません。

さて、上の動画の洞窟の中で剣を振り回すルーク・スカイウォーカーを思い出してください。ここで自分が剣を振り回しているのは、ある感情に突き動かされているということに気づく能力をEQ(心の知能指数)と言います。

意識が「敵」に向いている状態では、心のトラップを外すことができません。

自分の心を観る能力をEQ(心の知能指数)、一方で、敵や環境などの対象物に対すして働かせる知性をIQ(知能指数)は言ってよいでしょう。

自分の心を観ることができてはじめて、心理セラピーを進めることができます。

経営者は社員が変わってほしいと思っている。社員は経営者が変わってほしいと思っている。

この段階では、経営心理セラピストを雇うことすらできません。

心の苦しみを訴えて心理セラピーに挑む人たちは、自分の気持ちを言えているので、EQが高まっている状態といえるでしょう。

「人生の宿題」(心理的な苦手、人生を支配しているパターン)に挑む場合には、さらに超EQとでもいうような状態へと心理セラピストがナビゲートします。

参考:

Podcast音声講座(無料)

名著『愛するということ』(臨床心理学者フロム著)を読む
自分の存在のみならず、他人の存在も感じる生き方のために。近年の心理研究の視点も加えて、ロングセラーの心理学書を紹介します。音声解説で気楽に名著に触れてください。

itunes-art-of-loving - trimD

イベント

本当の自分、良質な人間関係、発想・意思決定に関するワークショップや、Points of you 体験会、ゲスト講師による講演会などを開催しています。
イベント情報

心理セラピー

心掛けやマインドセットでは変えられない、深層心理の足枷は心理療法(心理セラピー)の手法を用いて解除してゆきます。

心理セラピーご案内

ブログ記事

生き方を変えようとするときに役立つお勧め情報、本当の問題に気づき生き方の可能性を広げる視点などを書いています。