ルールを破るには光が必要

Facebooktwittergoogle_plus

ルールを知らないのと、
ルールを破るのはだいぶ違います。

ルールを知らないと闇の支配を受けます。つまり、無意識の防衛反応に操られます。

ルールを破るときには、光を使います。つまり、本当の望みを知る必要があります。

闇に支配されてルールを破っているひとは、ルールを知らないのと同じです。それは、ルールの必要性を知らないからです。

ところで、光と闇は善悪ではありません。ですが、このことが知識として広まることはありません。知識として学と、どうしても善悪と解釈さてしまいます。

善悪のイメージがついていない、陰陽とはうまい表現だと思います。

心理セラピーで、嘘を赦すと真実が出てきたり、真実を表すと嘘が必要になったりします。

目的を持つものだけが、その相補性の中を溺れずに泳ぐことができます。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

雑談
命綱を手放すこと

一年前のつぶやきを見つけました。「人に命綱がついていてね。谷を飛び越えるためには、その綱をはずさない …

人間関係
口説くということ

お相手を探す女子が、嫌いなのに「強引」と「しつこい」というのがあります。逆に「優しい人がいい」なんて …

感情知能
私のセラピスト観を神話風に

私のセラピスト観を神話風に書いてみます。・・・一度も自分を生きたことがない人が、道徳だの倫理だの言っ …