ルールを破るには光が必要

雑談

ルールを知らないのと、
ルールを破るのはだいぶ違います。

ルールを知らないと闇の支配を受けます。つまり、無意識の防衛反応に操られます。

ルールを破るときには、光を使います。つまり、本当の望みを知る必要があります。

闇に支配されてルールを破っているひとは、ルールを知らないのと同じです。それは、ルールの必要性を知らないからです。

ところで、光と闇は善悪ではありません。ですが、このことが知識として広まることはありません。知識として学と、どうしても善悪と解釈さてしまいます。

善悪のイメージがついていない、陰陽とはうまい表現だと思います。

心理セラピーで、嘘を赦すと真実が出てきたり、真実を表すと嘘が必要になったりします。

目的を持つものだけが、その相補性の中を溺れずに泳ぐことができます。

The following two tabs change content below.
雑談
主人公

障がい者支援の分野などで、「個人モデルと社会モデル」という言葉があります。 「障がい」とは障がい者個 …

雑談
映画『えんとつ町のプペル』を観ました

賛否の別れている『えんとつ町のプペル』を観ました。 私はイントロのお化けが踊るシーンが好きです。 私 …

雑談
「自己責任」の前に精神的な自立と自由を

「自己責任」という言葉に違和感をおぼえる人が多いですね。それは誰かの「私は責任負いません」を意味して …