ルールを破るには光が必要

ルールを知らないのと、
ルールを破るのはだいぶ違います。

ルールを知らないと闇の支配を受けます。つまり、無意識の防衛反応に操られます。

ルールを破るときには、光を使います。つまり、本当の望みを知る必要があります。

闇に支配されてルールを破っているひとは、ルールを知らないのと同じです。それは、ルールの必要性を知らないからです。

ところで、光と闇は善悪ではありません。ですが、このことが知識として広まることはありません。知識として学と、どうしても善悪と解釈さてしまいます。

善悪のイメージがついていない、陰陽とはうまい表現だと思います。

心理セラピーで、嘘を赦すと真実が出てきたり、真実を表すと嘘が必要になったりします。

目的を持つものだけが、その相補性の中を溺れずに泳ぐことができます。

雑談
『不思議の国のアリス』とヒキコモリ

さて、お悩みの方々には、職や社会的地位を失ったりしついる人もいます。歳をとることで、弱い自分というも …

雑談
私は、鞭で動かない人の体に、鞭の痕をみる

自分に鞭を打って動ける人と、自分に鞭を打つと動けなくなる人がいる。 鞭で動ける人は、鞭で動けなくなる …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …