ルールを破るには光が必要

ルールを知らないのと、
ルールを破るのはだいぶ違います。

ルールを知らないと闇の支配を受けます。つまり、無意識の防衛反応に操られます。

ルールを破るときには、光を使います。つまり、本当の望みを知る必要があります。

闇に支配されてルールを破っているひとは、ルールを知らないのと同じです。それは、ルールの必要性を知らないからです。

ところで、光と闇は善悪ではありません。ですが、このことが知識として広まることはありません。知識として学と、どうしても善悪と解釈さてしまいます。

善悪のイメージがついていない、陰陽とはうまい表現だと思います。

心理セラピーで、嘘を赦すと真実が出てきたり、真実を表すと嘘が必要になったりします。

目的を持つものだけが、その相補性の中を溺れずに泳ぐことができます。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

雑談
男性の下心は無意識化される

男性が女性に対して下心をもつとき、それがバレないように、まず自分自身に対して下心を隠すということがま …

自分と向き合う
自分に向き合うということ

自分に向き合うというテーマ。 簡単なことですが、ほとんどの人はできないことでもあります。 一時間くら …

雑談
技術や心理学を学んでもセラピストにはなれない

技術や心理学を学んでもセラピストにはなれないと思います。 それは、数々のちょっと恐い実体験から学びま …