質問攻めでは、人の気持ちは知れない

人間関係

人を変えるためのアドバイスをしたくなったら、その前に人のことを知ろうとすることが大事。とくにその人の気持ちを知ろうと思うことをお勧めします。

だけど、どうやって知るのかな。

質問攻めでは、気持ちは知れない。

彼らを知るには、自分の気持ちを話す。話した分だけ、話してもらえる可能性が出てくる。

いわゆる自己開示だなってことで、恥ずかしい秘密とかを話してもイマイチです。有効なのは「自分のこと」ではなく、「自分の気持ち」。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

人間関係
お互いを変えようとしている場合

お互いに相手を変えようとしている場合、どちらも変わらない。 経営者は従業員に変わってほしいと思い、従 …

人間関係
あの人の問題を直すのがセラピストの仕事ではない

あの人の心の問題を治す/直すのがセラピストの仕事ではありません。 来談者の要望に基づいて心の問題を扱 …