「お申込み」等の入力フォームが届かない不具合があった可能性があります。システム修正しましたので、返信が来ない等のお心当たりのある方は再送をお願いいたします。

自由を使わずに自由を手に入れることはできない

自由を使わないということは、自由を拒絶するわけですから、自由は手に入りません。

心理セラピーでは、自分自身に対して話しかけてもらう場面があります。

そこで、「人がなんと言おうと、あなたは幸せになっていいよ」と言うことも、「あなたは価値のない人間だ。人目を気にして生きろ」と言うことも、自由に選べます。

この自由を使って自分を幸せにする選択をする人には、さらなる自由が得られます。

自由を使って自由を増やす。それは資本の運用のようなものです。セラピストはその元手となる最初の小さな自由へガイドします。

過去を変えようとせず向き合った場合だけ、未来を選択することが可能になりす。

過去の自分や真実を受け入れない人は、自分に対して「不幸になれ」と言い放ちます。

過去の真実を受け入れた人は、自分に対して「幸せになれ」と声をかけます。

どちらを選ぶ方もいます。

この選択をセラピストが代わりに行うことはありません。ご自身で選んでいただき、それを見守ります。ご自身で選ばなければ、それは自由ではありません。

本人が選んだとおりの未来へ向かいます。

自分で選ぶ(自由を使う)人にのみ、自由は実現します。

※当サイトの記事には私見や独自の経験的枠組みが含まれます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

\(^o^)/
\(^o^)/

- protected -