心の闇を解くために、灯りを消しましょう

Facebooktwittergoogle_plus

心の闇とは、真実を隠す力。

その話の前に、灯りを消しましょう。

たとえば、同じ養成講座を開催しているトレーナー(講師)はお互いに競合関係にあります。だから、「自分のお客をとられたら嫌だな」とか「他のトレーナーの客をとってしまったら、嫌われちゃう」という不安のようなものが発生します。そこで、即座にそれを隠すための自動反応が生じます。この文章を読んで、不快な感じがしたり、緊張が走るのがそれです。

この場合だと、「競合を意識している私でありたくない」という怖れがあります。

上に書いた「不安」は怖れではありません(単なる感情です)。「怖れ」が「不安」を隠すのです。

これが完成すると、そのことを自覚できなくなります。真実を見る力が失われるので、それを心の闇と言います。

多くの人の勘違いは、ネガティブな感情を闇と呼んでいることです。ネガティブな感情をないことにするのが闇です。

「競合だなんて考えたこともない」というフリをするために、様々な嘘が必要になります。それが刺激されると誰かを嫌いになります。悪口を言います。行動が歪んでゆきます。そるが闇の力です。

ネガティブ感情をないことにして生きる。ぞれが闇です。

そんな闇を否定すればするほど、闇の力は強くなります。

この文章を読めば、「自分には殆ど闇がない」と思うための準備が始まります。

私たちは闇の力を必要としています。それを否定することで、闇の勝利となります。

したがいまして、心の闇を愛せる人のみが、心の闇を解くことができます。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

自分と向き合う
怒りの感情の解放

「感情を出しましょう」とは、「感情を相手に伝えましょう」という意味ではないです。抑圧に支配されている …

人間関係
シャドゥという心理現象をセラピー現場からみると

「シャドゥ」についておさらいです。※ユング心理学の定義を超えて、最近のセラピー現場の知見を反映した私 …

感情知能
カウンセリングで何を話すの?

たいていは問題を話すことができません。「針が刺さって痛い」と言うことができずに、「となりにハリネズミ …