なぜ人には寿命があるのでしょうか?

Facebooktwittergoogle_plus

なぜ人には寿命があるのでしょうか。

ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。

※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。

ありのままの自分や他人に出会う

どんな自分でも素敵。

(いきなり、すぎましたか?)

中年後半くらいで、社会に仕掛けられたゲーム(競争)から気持的に降りて、ありのままの自分や他者を肯定するようになる。そんな人、多いように思います。歳を重ねて角が取れる、なんてことも言いますね。

寿命のおかげかなと。

もし人間が不死だったら、いつまでも優越をもとめたり、自分ではないものになろうとしたり、その人そのものを受け入れなかったり、続けてしまうかもしれません。

寿命があるから成熟するのかも。

とくに、どん底や地位を失ったときは、その効果が発せられるタイミングかもしれません。

そのとき、いい友達・知人がいるといいですね。

セラピーに熱心に取り組んだ人たちは少なくとも、自分や他人をありのままに肯定する人生を味わうことになります。

生き方を決めることができる

人生の時間に限りがあるおかげで、私たちは生き方を決めることができる。

そのおかげで、生き方を変えることもできる。

多くの人が人生を支配するパターンを変えずに一生を終える一方で、心理セラピーに熱心に取り組む中年以降の人の姿も多いです。

「生きている間に、本当の自分になりたい」 と。

関連記事
人を緊張させない褒め方 人には承認欲求というのがあって、誰しも褒められたいと思っている、と言われています。 では、褒められると幸せになるのでしょうか。 「褒められると不安になる」、「褒められるのが苦手」という人もいます。 褒めることについては、いろんな側面があるのですが、ここで1つの視点を提供してみます。...
辛いことがあっても、幸せも感じていい... 幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか? 「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。   辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。   また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。 &...
「自分にとっての幸せって何だろうか」... ある人が言いました。 「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」 私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。 それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。 驚きや感動もあり、不...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 視点・本当の問題 タグ: , , パーマリンク