「人目を気にしない」を目指すよりも

Facebooktwittergoogle_plus

「人目を気にして生きる、人からどう思われるか気にして生きる、そんな生き方をやめたい」というご要望をよく聞きます。いいテーマだと思います。

一方で、「人からどう思われるか考えよう」と言う人もいます。ただ、「人からどう思われるか気になるようになりたい」というご要望は聞きません。「人目が気になっているのに、ちゃんと出来ない」というのはありますね。

「人目を気にしよう」と言う人は、他人に対してそれを要求していることが多いです。べき論的なビリーフ(深層心理の思い込み)をもっていると、他人にも強要したくなったりします。

同様のビリーフをもちならがも、それが自分を幸せにしていないというようなことに気づいている人は、心理セラピーに挑戦しに来ます。

「人目を気にしないようになりたい」という方に提言です。「人目は気になるが、人目に支配されない」というのはいかがでしょうか。

あなたが本当に望んでいることは、「人目に支配されない」ことではないでしょうか?

もしくは、「人目を気にしない」と「人目が気にならない」だったら、どちらが本当の望みに近いですか?

心理的に目指す目標は、「人目を気にしない」のような否定命令形(Don’t ~)でない方がうまくいきます。

「人目を気にするな」と設定してしまうと、「人目を気にするのは悪いことだ」という自責ニュアンスが絡んできます。

「これだからセラピストは人を甘やかしていかん」という人がいますが、セラピストが自責を勧めないのは、甘いからでもなく、クライアントが心弱い人だからでもありません。多くの場合、自責だと上手くいかないからです。

たとえば、こんなことが起こります。

人目を気にすることを悪であると設定すると、人目を気にしている自分から目をそらすという自動反応が出てきます。これは自動なので制御できません。気づくことすら難しいです。「気づく」と「目をそらす」は正反対なので、「目をそらしていることに気づく」というのはとても難しいのです。「いいや、俺はストイックだから出来る」と言う人は、最も気づきにくい人です。

「人目を気にしている自分から目をそらす」という自動反応が仕込まれると、重要な「人目を気にしている件」を隠すために、重要ではない別の「人目を気にしている件」に気づくようになります。これは心の闇(無意識のあなた)が使うテクニックの1つで、トカゲのしっぽと呼んでいます。

50万円のへそくりを隠すために、バレるための5万円のへそくりを用意するようなものです。自己開示したフリをするために用意した(核心に触れないはない)赤裸々話のようなものです。

「人目を気にする」の場合ですと、たとえば、派手なファッションをすることにより、人目を気にしなくなったつもりになります。実は、「派手な奴だな」と思われることは浅い不安に打ち勝つことで、「ずるい奴だな」と思われるという深い不安から目をそらしていたりします。何が浅くて、何が深いかは、人によって違います。つまり、人生を支配するような決定的な「人目を気にする」は残しつつ、本質ではない「人目を気にする」への反抗が行動に表れることになります。

本質的な不自由が残ったまま、それを隠すためのさらなる不自由が起きているわけです。これは、人目に支配されている状態です。心理セラピーで本質的な心の解決をした人が、それにともない思いがけない様々な自由を実感するのは、こういったことがあるのです。

「人目を気にしないようにしたい」のか、「人目や自分の自動反応に支配されないようになりたい」のか、あなたはどちらでしょうか?

心理カウンセリングでは、ご自身が本当に望んでいることは何なのか、探求していただくことができます。思い当たることがあるかたは、カウンセリングをお勧めします。心理セラピーに挑戦するかどうかは、その後のご判断で。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
一万円の権利を千円の品と交換できるか... 一万円以内の商品と交換できる券1枚もって量販家電店に入ります。一万円の商品ではなく、自分を幸せにする千円の商品と交換することができるようになるのは結構難しいようです。 美人に限らずね。 このゲームを有利にするものは、すでに幸せを感じていること。 失敗するコツは、幸せを感じていると思...
なぜ人には寿命があるのでしょうか?... なぜ人には寿命があるのでしょうか。 ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。 ※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。 ありのままの自分や他人に出会う どんな自分でも素敵。 (いきなり、すぎま...
辛いことがあっても、幸せも感じていい... 幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか? 「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。   辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。   また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。 &...
「自分にとっての幸せって何だろうか」... ある人が言いました。 「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」 私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。 それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。 驚きや感動もあり、不...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 人間関係, 心のトラブル - 対処法, 視点のこと タグ: , パーマリンク