「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です

本当の問題を知る

「友達の人数と幸せの関係」についての研究(統計調査)の話があるそうでして。

「友達が多いと幸せとは限らない」という示唆の結果で興味深いんですが。

研究テーマはいいんですが…この研究には私は不満があります。

主な幸せの尺度にの中に「うつ病になってない」があるようなんですよ。

「うつ病は不幸だからなる」「うつ病にならない人生が幸せ」みたいな情けない前提にびっくり。

私は幸せになるためにうつ病になってると思うけどね。

生き甲斐をみつけて人生を満喫している人の多くに、かつてウツの時期を経験した人は多くいます。(その当時はウツという言葉が普及してなかったというケースも多いのですが)

また、心理セラピスト目線で世を観ると、ウツになれないから不幸になってるなんてケースも多いと思います。

本当の問題を知る
嫌な過去を忘れるべきか

嫌な過去を忘れるべきか? 結論から言うと、「忘れるべき」は不正解であることが多いと思います。 自然に …

Who is Kojun?
私が「強い人」と呼ぶのは、社会的弱者や弱っている人

私は対人支援業者としては、珍しい世界観をもっています。 心理セラピストとしての私は「強い人」に関心が …

本当の問題を知る
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSP(Highly Sensitive Person)という概念を自分のラベル …