マインドフルネスは「集中」と「広がり」

熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。

マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。

マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断りと主張して、やっと、ちゃんと報道してくれるようになってきたそうです。

どおりで、誤解が多いわけです。わたしはテレビをみないから気づきませんでした。

「集中」は何かに気を取られても戻ってくる能力、「広がり」は一点に固執せずあらゆるものを眺めるということになります。正反対のようですが、どちらも「とらわれない」ということが共通のポイントです。

研究データ(事実)を使った、猛スピードの講演でした。会場からスピードに殆どついていけないとの声もありましたが、偏見のない素敵な講演でした。

雑念の重要性に関する現在研究中の仮説の話なども聴けました。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
必要以上に怒る人は、必要なときに怒れない

必要以上に怒る人は、必要なときに怒れない。というようなケースがあります。 それは、恐怖に負けていると …

心のトラブル - 対処法
考え方を変えると、心の悩みは解決するのか?

原因が自分の中にあると認めた心の悩みについて話すと、たいていの人は「考え方を変えろ」とアドバイスしま …

心のトラブル - 対処法
強い不安の応急対処

強い不安についての応急対応には、少なくとも2つのアプローチがあります。 何がよいかは一概に言えません …