マインドフルネスは「集中」と「広がり」

熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。

マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。

マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断りと主張して、やっと、ちゃんと報道してくれるようになってきたそうです。

どおりで、誤解が多いわけです。わたしはテレビをみないから気づきませんでした。

「集中」は何かに気を取られても戻ってくる能力、「広がり」は一点に固執せずあらゆるものを眺めるということになります。正反対のようですが、どちらも「とらわれない」ということが共通のポイントです。

研究データ(事実)を使った、猛スピードの講演でした。会場からスピードに殆どついていけないとの声もありましたが、偏見のない素敵な講演でした。

雑念の重要性に関する現在研究中の仮説の話なども聴けました。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

対処法
正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。 通常ですと、「何を心配 …

対処法
自分でなんとかしようとしない方がいいこともある

自分でなんとかしないといけないことと、自分でなんとかしようとしてはいけないことごあります。 なかなか …

マインドフルネス
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …