マインドフルネスは「集中」と「広がり」

熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。

マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。

マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断りと主張して、やっと、ちゃんと報道してくれるようになってきたそうです。

どおりで、誤解が多いわけです。わたしはテレビをみないから気づきませんでした。

「集中」は何かに気を取られても戻ってくる能力、「広がり」は一点に固執せずあらゆるものを眺めるということになります。正反対のようですが、どちらも「とらわれない」ということが共通のポイントです。

研究データ(事実)を使った、猛スピードの講演でした。会場からスピードに殆どついていけないとの声もありましたが、偏見のない素敵な講演でした。

雑念の重要性に関する現在研究中の仮説の話なども聴けました。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

体験談・事例
人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、 笑顔を抑えないように心掛けるのよ。 いつも誰にでも笑顔の人 …