原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。

誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。

どこに行ってもイジメられるとしたら、イジメられる原因を自分がもっているかましれません。それは、必ずしも自分が悪いということではありません。

社長は責任をとります。社長に原因がなくても、社長が悪くなくても、責任をとります。責任者だからです。

私のところで心理セラピーを活用するということは、原因を自分にみとめ、自分を責任者とすることです。それは自分が悪いからではなく、自分が幸せを得たいたいからです。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …