原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。

誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。

どこに行ってもイジメられるとしたら、イジメられる原因を自分がもっているかましれません。それは、必ずしも自分が悪いということではありません。

社長は責任をとります。社長に原因がなくても、社長が悪くなくても、責任をとります。責任者だからです。

私のところで心理セラピーを活用するということは、原因を自分にみとめ、自分を責任者とすることです。それは自分が悪いからではなく、自分が幸せを得たいたいからです。

関連記事

  1. 愛着とインナーチャイルド

  2. 怒ることができない人の世界観は暴力的

  3. 心理セラピストに向いているのは

  4. 「性暴力被害」の心理セラピー

  5. 心理セラピーでは、変えられない過去を「原因」と呼ばない

  6. 心理セラピーの目的は原因を知ることではない

  7. 心理療法の浅い/深いの選択例

  8. どちらのセラピストが必要か