原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。

誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。

どこに行ってもイジメられるとしたら、イジメられる原因を自分がもっているかましれません。それは、必ずしも自分が悪いということではありません。

社長は責任をとります。社長に原因がなくても、社長が悪くなくても、責任をとります。責任者だからです。

私のところで心理セラピーを活用するということは、原因を自分にみとめ、自分を責任者とすることです。それは自分が悪いからではなく、自分が幸せを得たいたいからです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

対処法
正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。 通常ですと、「何を心配 …

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …

心理セラピー関連
心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。 クライアントの目的は、幸せとか、悩 …