原因と罪悪と責任

原因と罪悪と責任は別のことです。

誰が原因をもっているかということと、誰が悪いのかは別のことです。

どこに行ってもイジメられるとしたら、イジメられる原因を自分がもっているかましれません。それは、必ずしも自分が悪いということではありません。

社長は責任をとります。社長に原因がなくても、社長が悪くなくても、責任をとります。責任者だからです。

私のところで心理セラピーを活用するということは、原因を自分にみとめ、自分を責任者とすることです。それは自分が悪いからではなく、自分が幸せを得たいたいからです。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
心の悩みの中の正常なパーツ

心の悩み、とくに神経症(広義トラウマ、恐怖症など)は解きほぐしてゆくと、正常な機能により生じています …

心理療法セラピー関連
知識が少ないと知識を使いたくなる

知識が少ないと知識を使いたくなる。心理学を使って「すごーい、どうして分かるんですかぁ」と言わせる。そ …

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …