強い不安の応急対処

心のトラブル対処法

強い不安についての応急対応には、少なくとも2つのアプローチがあります。

何がよいかは一概に言えませんが、混同を避けるために、2つのアプローチの違いを挙げておきます。

タッチ
1つは、現実に近づくアプローチ。

目の前の現実に五感を触れさせます。テーブルや壁などの、目の前のモノに触ります。

そして、手すりなどに触れます。目の前の人の体に触れるわけにはいかないことが多いでしょうから、近くのモノに触れることになるでしょう。自分の体に触れるのもよいです。

視覚を使う場合は、空想ではない周囲の赤いもの、青いもの、黄色いものを見つけ、それがそこにある現実を認識します。

シュリンク
もう1つは、想像から遠ざかるアプローチ。

不安というのは何かを想像しています。その想像イメージを特定できるなら、それを画面越しに見ているように傍観して、それを小さくしたり、少し遠目に置いたり、白黒にしたりするイメージワークが対処になる場合があります。

たとえば、至近距離に人がいることが強い不安を引き起こしたならば、想像イメージは「怒鳴られる」「手が伸びてくる」などかもしれません。そのイメージを映像として、スクリーンに収めて小さくします。

 

タッチとシュリンクをどちらを先にやるかは臨機応変です。人によっても違います。

2つのアプローチがやろうとしていることは異なりますので、混同しないようにしましょう。たとえば、目の前の現実をシュリンクさせようもしたり、想像にタッチしようとしないように注意しましょう。

また、これらは応急対応であって、解決ではありません。

参考:

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
心のトラブル対処法
光熱費支払い先延ばし等の行動制止のゴースト

光熱費の振込みができないというような行動制止。発生してしまった費用だから、いずれは払うことになるのだ …

心のトラブル対処法
依存と安全基地の見分け方

悪い意味での依存と、良い意味での依存とはどのように違うのでしょうか? 癒してくれるホステスやホストさ …

心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …