熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

Facebooktwittergoogle_plus

「熱心に売込むと、客が嫌がる」という現象ありますね。「押し売りのつもりはなくて、本当によい商品を紹介しているだけなのに」というケースについての相談もあります。

「人に大事なことを教えようとしたら、拒絶された」という場合も似ています。

せつないですね。このパターンに入ってしまったら、早く乗り越えてしまいたいです。

押し売りや、押し付けが嫌がられるのは、人間が支配されることを嫌うからですね。内容が正しいかどうかに関わらず。

「でもね、ときには素直に受け入れることも必要。素直にならなきゃ」と思うことがあるかもしれません。「これ、本当に大事なことだから、あなたのために言っているのよ」と。

あなたが権力をもっているのなら、それをやってみるのも選択肢の1つです。自分が上司である場合とかですね。

しかし、終身雇用で人を従わせたり、相手を情報孤立させたりできない場合。相手が対等な友達の場合。相手が自分より権力をもっている場合。相手が顧客の場合。それは通用しないかもしれません。彼らは笑顔を残して去ってゆくかもしれません。さて、どうしたものか。

良かれと思って相手を変えようとすることを、私は「善意のコントロール」と呼びます。

そのような悩みをもつセールスグループ、啓蒙家には、「善意のコントロール」を「愛」だとしているトラップがみつかります。

そして、「善意のコントロール」は「愛」ではないというのが重要ポイントです。善意ではあるけど、愛ではない。愛ではなくてコントロール(支配)なんですね。

行動レベルでチェックするには、次の質問をしてください。「わたしは、相手が何を望んでいるか確認したか?」

これをしなければ、どんなに親切な内容でも、自分の意思で相手を変えようとするコントロールになります。

それが相手にとってデリケートなテーマであるほど、コントロールは拒絶されます。あなたの商品や啓蒙が大事なテーマであるほど、その可能性は大きくなるでしょう。

デリケートなテーマ、重要な局面にある人は、「愛以外の何ものも受け取らないぞ」という盾を持っていて、その盾は正当なものであると考えてみてください。

心理コンサルティングでも、心理セラピーでも、必ずクライアントが何を望んでいるかを確認します。

良い商品を熱心に勧めているのに相手が嫌がるとき、あなたは本当は今どんな気持ちになっているのでしょうか?

良いことを教えようとしているのに相手が嫌がるとき、あなたは何故その”良いこと”を教えようとしているのでしょうか?

この問いを立てることは、私たちにとってかなり難しいことです。自動的に「なぜ相手が嫌がるのか」を考えています。

しかし、このトラップに気づいたときに、自分を責めてはいけません。(ここ地味に重要)

このトラップが生じるおおもとには大事なものがあったりします。そこまで遡る必要もあります。

それがあなたの問題なら、相手ではなくて、あなた自身を癒しましょう。

それが人の問題なら、その相手がその人なのか知りたくなるでしょう。相手が何を望んでいるか確かめずにはいられなくなります。

でも、自分の心の闇に騙されないでください。たいていは前者です。騙されると無限ループに入りますよ。

実践エクセサイズ

おまけのエクセサイズです。上述のようなことになったとき用。

Q1.相手の願いは何かを明らかにしてください(確認できなければ想像する)

Q2.自分はなぜ押し付けてしまうのかを明らかにしてください。

注意:まずは自分の願いを明らかにするのではありません。Q2の答えは自分の願いではなく、自分の情緒・感情です。

注意:まずは自分の願いを明らかにするのではなりません。Q1の答えとして、「相手に喜んでほしい」と言う人もいますが、それは相手の願いではなくて、相手に関する自分の願いであることに気づいてくださいね。

心理コンサルティングでは、問いを次のように変更してみます。

私の願いは○○。なのになぜあの人は○○するのか/しないのか?

あの人の願いは○○。なのになぜ私は○○しようとするのか?

(これは、商品や啓蒙のマーケティングが目的の場合です。心理的にトラブル解消なら「私の感情は何?」だけも可)

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
幸せへの必須能力、心の知能(EQ/EI)を高める方法... 人の成功や幸福を決定づけるものは、知能指数(IQ)ではなく、心の知能指数(EQ)・心の知能(EI)であることが数十年前から調査報告されています。 これを高めるとはどういくことなのでしょうか? 自分の心の状態(主に感情)に気づくこと。それが根本です。 例えば、男性経営者に多いのは、リ...
【雑談】こっそり言ってみよう たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。 倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。 何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。 「むかつくーっ」 おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。 「あいつの嫌なところ」ではなく、「...
アドバイスされるのが苦手? アドバイスされるは苦手ですか? 教えてもらえるのは有難いこと。でも、嫌な感じがすることがある。 たまには我慢して、素直に聴いてみる。素直にならなきゃ、と頑張ってみる。 素直になりたいのであれば、素直ではない自分にハグ。今回は、そのための方法を。 あなたが受け取っているもの ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 タグ: , , , パーマリンク