怒りを出せない 人になると、 優しさを出せない 人になる

怒りを出せない人になると、

優しさを出せない人になる

ということもあります。

おとなしいけど、優しくはない。

怒りは攻撃だという思い込みも一理あるけど、それなら悲しも攻撃です。

「人を悪者にするためではなく泣くことができること」

「人を痛めつけるためではなく怒ることができること」

は似ています。

「人を痛めつけるためにしか怒れないこと」と、

「人を悪者にするためにしか泣けないこと」は、

似ています。

人を悪者にするということと、怒りを出せないことは表裏だったりもします。

私は「怒り」を救済するために、これを「憎しみ」と呼びます。

あなたが嫌っているのは「怒り」ではなくて、「憎しみ」かもしれません。

「怒り」は”自分”の身体反応に過ぎませんが、「憎しみ」は”相手”の不幸という目的がセットされたプログラムのように長期的に人を巻き込みます。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。

  2. シャドゥという心理現象をセラピー現場からみると

  3. 隠れた感情に「気づく」レベルと「触れる」レベル

  4. 陰を見ることは光

  5. 「無意識」の結果が「意識」に現れる

  6. 人はプラス、マイナス、併せ持っている

  7. 「恐がるな」=「チャレンジするな」

  8. 「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問