怒りを出せない 人になると、 優しさを出せない 人になる

怒りを出せない人になると、

優しさを出せない人になる

ということもあります。

おとなしいけど、優しくはない。

怒りは攻撃だという思い込みも一理あるけど、それなら悲しも攻撃です。

「人を悪者にするためではなく泣くことができること」

「人を痛めつけるためではなく怒ることができること」

は似ています。

「人を痛めつけるためにしか怒れないこと」と、

「人を悪者にするためにしか泣けないこと」は、

似ています。

人を悪者にするということと、怒りを出せないことは表裏だったりもします。

私は「怒り」を救済するために、これを「憎しみ」と呼びます。

あなたが嫌っているのは「怒り」ではなくて、「憎しみ」かもしれません。

「怒り」は”自分”の身体反応に過ぎませんが、「憎しみ」は”相手”の不幸という目的がセットされたプログラムのように長期的に人を巻き込みます。

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …

心理セラピー関連
逃げる人は弱い人か?

カウンセリングやワークショップでは、自分のテーマから逃げるということが起こります。 自己啓発などでは …