反論して言い負かしたくなる感情パターン

人の話したことに対して、反論したくなったり、言い負かしたくなったりする性質が強いと、体力も精神も人間関係も消耗します。

たとえば、知人から何かアドバイスを受けて、それを実行したくないとき。猛烈に反論してしまう。

たとえば、誰かが言った意見が自分の考えと違っていたとき、言い負かしたくなってしまう。

もしそうなら、こんなことを意識してみるとよいかもしれません。

境界線をしっかり持つ

境界線(バウンダリー)というのは、対人的な城壁や国境のようなもので、「ここより内側は私個人の領域です。私の許可なく何人たりとも侵入できません」という境目のことです。「Noと言える力」とでもいいますか。

※境界性パーソナリティ障害の境界(ボーダー)とは関係ありません。

人の意見が恐い

たとえば、「○○すべきだよ」と大きなお世話なことを言われたときに猛烈に反撃したくなるのは、境界線ではありません。

たとえば、失礼なことを言われたときにキレちゃうプライドの高さは、境界線ではありません。

境界線が弱いから反撃したくなるのです。

境界線がしっかりしていると、個人的なことについて「○○すべきだよ」と言われても、「なるほど、そうですね」と言いながら、実際にはそうしない、なんてことも出来ます。

境界線がしっかりしていると、他人の言葉によって自分の行動が支配されないので、反撃する必要がありません。

境界線が弱いと、他人の言葉に支配されるので、本当に従ってしまうか、さもなくば反論して相手の言葉を変えさせる必要が生じます。

自分が感情的に反発してしまうとき、それは境界線の強さではなく、境界線の弱さかと疑ってみるのもよろしいかと思います。

境界線をしっかり持つということは、拒否するためにリングに上がるのではなく、リングに上がることを拒否することです。「カーン」とゴングが鳴ったら瞬間に注意してください。反射的にリングに上がってしまうのは境界線が弱いということです。

売り込みが恐い

また、境界線が弱い人には、”売り込まれる恐怖”があります。

境界線が強ければ、売り込みもあまり恐くありません。「なぜ買わないのですか?」と言われても、「私は買いません。理由を説明する必要はありません」と言えます。

境界線が弱い人は、買わない理由を一生懸命説明してしまいます。それは「説得されたら買います」と言っているようなものです。

限局している場合もある

特定の場面で何らかの反応をしてしまうということに思い当る方は、自分の感情を観察してみるのもよいかと思います。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -