怒りの感情の解放

怒りの解放は思い知らせることではない

「感情を出しましょう」とは、「感情を相手にぶつけましょう」という意味ではないです。抑圧に支配されていると、この違いが見えません。

たしかに心理セラピーのワークの中で、怒りを相手に伝えるイメージワークをすることがあります。それは抑圧されていた感情を解放するためのテクニックであって、怒りを表現すればいいというものではありません。

怒りの感情を抑圧している人は、凶暴になりたくないと思っていますが、凶暴です。

怒りを抑圧してきる人は「怒りを出す」=「相手に思い知らせる」と思い込んでいます。

「怒り」は自分の持ち物だということを知りません。「怒り」に相手しか登場しません。

「だって怒りは相手に対してのものでしょ」と言います。そうですが、誰が怒っているのか? 「私」です。「私は相手に対して怒っている」のです。

しかし、セラピー中に言葉を発するワークをするとき、心の病が深いと、この「私は」という台詞を言うことができません。

「感情を出しましょう」とは、「感情を相手に伝えましょう」が本質ではなく、主語を「私は」にしましょうということです。

それができない人は、「はい、わかりました。あいつに会って対決してきます」と言います。それは怒りの解放ではありません。

怒りを表現して怒りが増幅する場合、それは怒りの解放ではない

怒りを表現して、暴れたり、なにかを殴ったりすることで、怒りが増幅するという相談があります。

場合によっては心理専門家に怒りを表現するように勧めれたけど、怒りが増幅しちゃうという人もいます。

そこで、「怒りを解放すると、怒りがなおさら増える」と説明する専門家もいますが、それは怒りの解放ではありません。

怒りが抑圧されていることが問題を起こしている場合に、怒りの抑圧を解くのが怒りの解放です。

怒りを表現して怒りが増幅するケースは、多くの場合、悲しみや恐怖が隠れていて、それらを隠すために怒り(のような表現)が使われていることが多いです。

そのような場合に解放すべきなのは怒りではなくて、悲しみや恐怖です。

※「怒りは二次感情である」という説は、このようなケースを指しているものと思われます。また、二次感情と捉えないほうがよい場合もあります。

「怒りの表現をしたら、どんどん怒りが増えるんです」と言う方に、「ほんとうは悲しいのではないですか?」と言うと、ボロボロと涙を流されることがあります。それが悲しみの解放です。そうすると、悲しみを隠すための怒りが必要なくなり、怒りはなくなります。

※心理セラピストではない人が「ほんとうは悲しいのではないですか?」の台詞だけ真似すると、反作用で攻撃されますのでご注意ください。

つまり、解放すべき怒り(抑圧された怒り)と、癒されるべき怒り(ほんとうは怒りではない)があるわけです。

すでに表れていて、継続している怒りは後者であることが多いです。

ですから、「怒りを表現すると、怒りが増幅する」と思われているのです。

ですが、それは心理セラピーでいうところの怒りの解放ではありません。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -