「恐さ」は最も根源的のように見えます

人はネガティブ感情を避ける。その中でも、とくに「恐い」を怖がる。

自分の悲しみ、怒りは、目をそらしたがるけど、他人のそれは傍観しやすい(需要しやすい)ですが。恐怖だけは、他人のそれも怖れやすい(赦せない)です。

心理相談でも、「恐さ」を認めたくないという抵抗は、あまりにも支配的である場合があります。「恐さ」そのものではなく、「恐さを認めない」の支配です。

Facebook にも「かなしいね」「ひどいね」はあるけど、「こわいね」はありませんね。

根源的すぎるのかもしれません。

逆に言うと、「恐さ」の扱いを克服したら、感情知能は一皮むけます。

※当サイトのブログ記事は私見を含みます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

- protected -