ずいぶんと久しぶりに、家庭料理をつくってみました。ずっと以前と比べると、いろんなトラウマが解消していることに気づきます。

「一切無駄があってはいけない」のような完璧主義を脇においたり、包丁に緊張しなかったり、独りでも惨めにならなかったり、余計なものを入れすぎなかったり。

時間をかけても、かけなくても、何者かに責められているいる感じがしない。

変な心理的な負担があったようです。

こんなに簡単だったとは。慣れないので、さほど旨くはないですけど。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

体験談・事例
人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、 笑顔を抑えないように心掛けるのよ。 いつも誰にでも笑顔の人 …

who is Kojun
動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それ …

who is Kojun
私の師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

クライアントの悩みの本質を無視して、自分が知ってる手法をするみたいなことが頻発している。 心理療法を …