見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり

Facebooktwittergoogle_plus

「対話」は「会話」とは違うそうです。

お互いに見ている世界が違うことを前提に話すのが「対話」。

カウンセリングやコーチングでは、評価・判断(自分が見ている世界を相手に押し付ける)を控えるようにと教えられます。

しかし、「私にはそう見える」と付け加えたり、「ちょっと思ったことを言ってみてもいいかなあ」などとそれっぽい言い回しをしても、「対話」にはならない。それは表面的なことでしかありません。

言い回しの型(かた)を学んでも、あり方は変わらないと思います。

アンダーグランド(自由人)の師匠たち、ホンモノのセラピーの師匠たち、知人のあの人たちは、ちゃんと「対話」してくれます。いろいろ教えてくれるけど、その前に生き方がある。爽やかなのは、熱くても押し付けではないから。

 

見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり。そんな場をつくってゆきたいと思います。

いろいろな自分らしさを生きている人たちを見て思います。同じだから共感したり、肯定できるのではないと。違うことが共感、肯定を生み出すと。(たとえば、ジェンダーのことも)

昔の自己啓発セミナーは、逃げられないようにして、何かを押し付けるものがありました。

心理セラピーは、真逆で、どこまでも本人を自由にしてゆきます。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

視点・本当の問題
ポジティブ思考もいろいろ

ポジティブ思考もいろいろです。 心理的な問題に直面している方に、長い目では本当の幸せへのプロセスかも …

心理療法セラピー関連
本当の解決をしたいなら、ネガティブ感情を怖れないセラピストがよい

ネガティブな感情をなくすのが仕事だと思っているセラピストがいます。 「悲しい」を「悲しくない」に変え …

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。 セラピストの …