セラピストの見立ての良さとは

セラピストが自分と向き合う人であると、見立て(お悩みの原因の見極め)が良くなります。

それは、「よく当たる」という意味ではありません。

「決めつけない」「柔軟」「きめ細かい」というような意味です。

アマチュアは、当てることを目的としてします。「わー、すごーい。どうしてわかるんですかぁ」と言われることが嬉しいようです。

そういう人は、セラピストではなく、占いや鑑定などが向いているかもしれません。

プロのセラピストの見立ては当てることを目的としていません。クライアントへの柔軟なカスタマイズのための仮説として役立つ見立てを探します。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

体験談・事例
あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。 …