セラピストの見立ての良さとは

セラピストが自分と向き合う人であると、見立て(お悩みの原因の見極め)が良くなります。

それは、「よく当たる」という意味ではありません。

「決めつけない」「柔軟」「きめ細かい」というような意味です。

アマチュアは、当てることを目的としてします。「わー、すごーい。どうしてわかるんですかぁ」と言われることが嬉しいようです。

そういう人は、セラピストではなく、占いや鑑定などが向いているかもしれません。

プロのセラピストの見立ては当てることを目的としていません。クライアントへの柔軟なカスタマイズのための仮説として役立つ見立てを探します。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …