セラピストの見立ての良さとは

心理セラピー関連

セラピストが自分と向き合う人であると、見立て(お悩みの原因の見極め)が良くなります。

それは、「よく当たる」という意味ではありません。

「決めつけない」「柔軟」「きめ細かい」というような意味です。

アマチュアは、当てることを目的としてします。「わー、すごーい。どうしてわかるんですかぁ」と言われることが嬉しいようです。

そういう人は、セラピストではなく、占いや鑑定などが向いているかもしれません。

プロのセラピストの見立ては当てることを目的としていません。クライアントへの柔軟なカスタマイズのための仮説として役立つ見立てを探します。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

Who is Kojun?
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …