セラピストの見立ての良さとは

セラピストが自分と向き合う人であると、見立て(お悩みの原因の見極め)が良くなります。

それは、「よく当たる」という意味ではありません。

「決めつけない」「柔軟」「きめ細かい」というような意味です。

アマチュアは、当てることを目的としてします。「わー、すごーい。どうしてわかるんですかぁ」と言われることが嬉しいようです。

そういう人は、セラピストではなく、占いや鑑定などが向いているかもしれません。

プロのセラピストの見立ては当てることを目的としていません。クライアントへの柔軟なカスタマイズのための仮説として役立つ見立てを探します。

関連記事

  1. 余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

  2. 心理セラピーの目的は原因を知ることではない

  3. 飛び立つ鳥

    「変わる」というのは、今までの自分を赦すこと

  4. 「セラピストはこわい」と言う人がいます

  5. 昔の神託や儀式は心理セラピー?

  6. 「交流分析+実存療法」による Kojunカウンセリング

  7. 現代のセラピーは、矯正から願いへ

  8. 「性暴力被害」の心理セラピー