心理支援者の種類~たくさん助けたい人、ひとりを助けたい人

心理セラピー・心理相談

心理セラピスト、心理支援者の種類なんてものを、また一つの書いてみます。

今回の観点は、たくさん助けたいセラピストと、ひとりを助けたいセラピスト。

※「助ける」という言葉が上から目線かどうかの議論はここではしません。

「たくさんの人を助けたい」という支援者がいます。多くの人に効果のある手法を学びます。40%の人に効果があった手法よりも70%の人に効果のあった手法を好んで身に着けます。たくさんの人に対応できる、来談された方に高い確率で成果を出すためでしょう。

「ひとりを助けたい」という支援者もいます。そんな表現はしないかもしれませんが。

そもそも心理セラピーとか心理療法というのは、普通の人と同じように出来ないなにかがある、常識的な解決法がうまくいかない、病院や公的なガイドラインにのっかれない人たちが利用していました。公的なところから見捨てられた人たちがたどり着く場所でもありました。

ですので、70%の人に効果がある手法が知られているのなら、ぜひ残りの30%の人たちを支援したいと思う支援者もいるわけです。そのような人たちは、どの手法の成績がいいのかではなくて、自分が得意なことはなんだろうかと考えます。また、「自分のところで上手くいかなかったら、せめて次を探す手懸りを掴んでいただきたい」と考えていたり、ひとりひとりによる違い、まだ答えのないケースに付き合ってゆくことに重きをおいたりします。

答えのある問題が好きか、答えのない(未だない)問題が好きか、とも言えるかもしれません。

「手法に人を合わせることをしないでほしい」と思ったなら、後者のタイプの支援者を探すのもよいかもしれません。

私も「70%に効果があった」なんて言われてもワクワクしない心理セラピストです。誰にどれが合うかに興味があります。

心理セラピー・心理相談
「傷ついた癒し手」の発達

子どもの発達過程と似たプロセスが、人生の中で様々に再現されることがあります。「傷ついた癒し手(Wou …

心理セラピー・心理相談
「心の悩み」「精神疾患」などの言葉

米国などでは、社会的立場のある人がカウンセリングを受けます。映画『スタートレック』のカーク船長もカウ …

心理セラピー・心理相談
ウーンデッド・ヒーラー(傷ついた癒し手)

「ウーンデッド・ヒーラー(傷ついた癒し手)」はユングの概念です。 心に傷がある(当事者体験のある)人 …