グループセッションでの自己開示

一連のグループセッションを終えました。ご協力方々や参加者のおかげさまで、大変もりあがりました。

グループセッションで、よく一部の参加者が言われること。「心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈夫な予感がして来てみた」

何を話すか話さないか、ご自身で判断していただいています。どこまで開くかも。

で、あたたかくて、たのしかったと。

わたし、以前、生きづらい悩みをもつ人たちの自助グループイベントにも参加してきました。そこには慎重な工夫がありました。数分間、誰も喋らないこともよくあります。

集団療法と称したグループワークで、人が心を閉じるのも見ました。

一方で、サバイバーのワークショップでは、とくにガイドラインもないけど、お互いを傷つけない人たちというのを見ました。鎧をもたない人たちは、お互いをどのように扱うでしょうか。

一般向けのワークショップでも、やたらと自己開示をせまると何が起きるかも見ました。

大事なテーマに正面から向き合っている人が、心を守ろうとするのは当然と思います。開示にはリスクがあります。

一方で、やはり一人ではできないことがあります。

「安全を保障するから、開示しなさい」というのではないです。

つながるって、こういうことですよね、という体験のガイドです。

リスクのある中で、私たちはいかに手を取り合えるでしょうか。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

Points of You
講座のご案内

【受講者募集】 満席 ~基礎をしっかり~ エバンジェリスト養成講座 10/28(日) 10:00-1 …

人間関係
シャドゥという心理現象をセラピー現場からみると

「シャドゥ」についておさらいです。 ※ユング心理学の定義を超えて、最近のセラピー現場の知見を反映した …

人間関係
口説くということ

お相手を探す女子が、嫌いなのに「強引」と「しつこい」というのがあります。逆に「優しい人がいい」なんて …