グループセッションでの自己開示

一連のグループセッションを終えました。ご協力方々や参加者のおかげさまで、大変もりあがりました。

グループセッションで、よく一部の参加者が言われること。「心を開きたい、自分を開示してみたい、でも抵抗もある。でも、今回は大丈夫な予感がして来てみた」

何を話すか話さないか、ご自身で判断していただいています。どこまで開くかも。

で、あたたかくて、たのしかったと。

わたし、以前、生きづらい悩みをもつ人たちの自助グループイベントにも参加してきました。そこには慎重な工夫がありました。数分間、誰も喋らないこともよくあります。

集団療法と称したグループワークで、人が心を閉じるのも見ました。

一方で、サバイバーのワークショップでは、とくにガイドラインもないけど、お互いを傷つけない人たちというのを見ました。鎧をもたない人たちは、お互いをどのように扱うでしょうか。

一般向けのワークショップでも、やたらと自己開示をせまると何が起きるかも見ました。

大事なテーマに正面から向き合っている人が、心を守ろうとするのは当然と思います。開示にはリスクがあります。

一方で、やはり一人ではできないことがあります。

「安全を保障するから、開示しなさい」というのではないです。

つながるって、こういうことですよね、という体験のガイドです。

リスクのある中で、私たちはいかに手を取り合えるでしょうか。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

お知らせ
【お知らせ】サイト表示トラブル6/10~12

6/10〜12頃、当サイトが表示されないトラブルがありました。 DNS関連トラブルのため、インターネ …