「希死念慮」の扱い

希死念慮については、対処法の違いから主に2つのタイプがあるように思います。各タイプの呼称はここだけの便宜的なものです。私のところで扱える可能性があるのはタイプ2です。

タイプ1)状況要因の希死念慮
これは経済苦、失業の長期化、イジメなどのによる環境的な苦痛が要因となっているケースです。つまり「死にたい」というのは「その苦しみから逃れたい」という意味をもっています
タイプ2)内因性の希死念慮
こちらは状況的な苦しさが与えられていなくても生じる希死念慮です。しばしば「消えたい」「生まれてこなければよかった」「自分に殺されないようにしなきゃ」とうように表現されることもあります。
幼少期よりなんとなく持ち続けているものが、人生の危機や心の成長をきっかけに現れてくるものです。

※精神病(それに近いものを含む)については、どちらにも含めません。信頼できる精神科医を探すことになるかと思います。

状況要因がきっかけとなってタイプ2の希死念慮が出てくることや、タイプが混ざっていることもあります。

タイプ1(状況要因の希死念慮)の場合

タイプ1は情緒的な支援とともに社会的な支援を求めることになると思います。

まずは話を聴いてもらうこと。非営利の電話相談を利用なら、複数の相談窓口に電話してもよいかと思います。その理由は、1)相性の当たりはずれはある、2)人に聴いてもらう練習になる、3)相談員の多様性に触れる、4)依存先を増やす練習のためです。

最後に感謝があればお礼を言ったり、相談員へねぎらいの言葉を返すことが少しできるとよいと思います。ほんの少し相談員を助けてください。それがあなたが一日生き延びた証になるかもしれません。

次に具体的な支援を求めることになるかと思います。

残念ながら現在の社会支援は、統計上の自殺の数を減らすことが目的となっています。あなたという「一人」の存在を見てくれる人に出会う必要があるでしょう。ここは私も知見が多くないのですが、たくさんあたってみる必要はあるかもしれません。

家族・友人の情緒的支援は大きいですが、近しい者ゆえの難しさ(説教してしまう、現実否定・気持ちの否定をしてしまうなど)もあります。

タイプ2(内因性の希死念慮)の心理セラピー

タイプ2は心理セラピーで解消できる可能性があります。それは深層心理に刷り込まれた人生脚本の禁止令「存在するな」を解除することで解消されます。

重たいテーマですが、心理セラピーが成功すれば、ジワジワではなくケロっと解消します。アリやトカゲなどの動物は精いっぱい、生き延びようとします。動物というのはそういうものです。生まれてきたばかりの赤ちゃんもそうです。その自然な生存本能の抑圧を解放します。

ただし、心理セラピーが上手くいかないとき中途半端な状態になってしんどくなります。これについては、機会あれば心理セラピー事前相談や心理カウンセリングで説明します。

また、時期によって私のところでこの心理セラピーを受け付けていない時期があります。もともと私はこのテーマが得意だったのですが、ノンバイナリージェンダー特有の死生観のために命に距離をおいている時期があります。

関連記事

  1. 「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

  2. 説教とセラピー

  3. 机上の地球

    「信じる」と「疑わない」は別のこと

  4. 机上の地球

    「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

  5. こわがらないと、こわくなる

  6. 支援者を選ぶセンスは運と経験値

  7. 必要以上に怒る人は、必要なときに怒れない

  8. 苦しみを大切にするということ