「解れば解決する」というのは幻想

「解れば解決する」というのは幻想です。

カウンセリングでは、ときどき確認が必要になります。「解りたいのか? それとも解決したいのか?」

解ることと、解決することは別のことです。

解ったから解決するわけではないですし、解決したから解るわけでもないです。

心理学の勉強をしている人って、解決してないでしょ?

「解決するつもりはない。何が起こっているか、心理学的に知りたい」という人もいます。カウンセリングの中で、ときどき、解るか、解決するかを選択する場面があります。

解決したいのだけど、ある程度納得してから解決のワークに取り組みたいというのは可能です。

少し予算と時間を費やせば、ある程度解ってから解決への旅に出ることはできます。しかし、解ることを目的にしたり、旅に出なくて済むために、解ろうとすると、解決はなくなります。

「解れば解決する」というのは幻想です。

関連記事

  1. 必要以上に怒る人は、必要なときに怒れない

  2. 人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

  3. 熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる

  4. 「怒り」は相手ではなく、自分の中にある

  5. 特性かトラウマか

  6. 強い不安の応急対処

  7. 嫌な過去を忘れるべきか

  8. 【ラジオ音声】愛着不安定をもったまま生きる!?