「解れば解決する」というのは幻想

Facebooktwittergoogle_plus

「解れば解決する」というのは幻想です。

カウンセリングでは、ときどき確認が必要になります。「解りたいのか? それとも解決したいのか?」

解ることと、解決することは別のことです。

解ったから解決するわけではないですし、解決したから解るわけでもないです。

心理学の勉強をしている人って、解決してないでしょ?

「解決するつもりはない。何が起こっているか、心理学的に知りたい」という人もいます。カウンセリングの中で、ときどき、解るか、解決するかを選択する場面があります。

解決したいのだけど、ある程度納得してから解決のワークに取り組みたいというのは可能です。

少し予算と時間を費やせば、ある程度解ってから解決への旅に出ることはできます。しかし、解ることを目的にしたり、旅に出なくて済むために、解ろうとすると、解決はなくなります。

「解れば解決する」というのは幻想です。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心のトラブル - 対処法
ちゃんと泣く

ネイティブアメリカンの儀式でも、心理セラピーでも扱われる原始的な感情について。原始的な感情である、「 …