なぜ人は人を攻撃するのか? これは私の子供のこれからの疑問でした。

※特別に攻撃的な人の話ではなくてです。

そして、この謎は、ときどき訊かれる質問でもあります。

心理学的には「防衛」として説明されることが多いかと思います。

いくつかの観点がありますが、一つの答えを出してみます。

怒ったり、怒鳴ったり、ねちねち嫌みを言ったり、こけおろしたり、批判したり。そういう攻撃はなぜ起きるのか?

人が人を攻撃するとき、「人を変えたい」と思っていたりします。

苦痛をプレゼントすれば、相手はその苦痛を避けるために行動を変えると思っています。思っているといっても、意識的、理性的、戦略的に思っているのではないです。自分の情動から生じる無意識の自動思考です。

※攻撃が常態化している、発作的のような深刻なケースはもっと深いところに本質があるかもしれません。ここでは、比較的健康な人の日常の中のお話です。イジメなどの集団心理も除きます。

また、攻撃の根っこには、悲しみや不安があったりもします。

自分への攻撃が反転して他者に向くという場合もあります。

それを手放すための方法は、様々に提唱されています。

人を攻撃したくなったとき、自分は何を変えたかったのか、考えてみるのもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
マインドフルネス
痛みという能力のこと

本当の問題は見えないようになっていて、人によっては生涯自分の影を叩き続けます。 目を開ける方法は、目 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

人間関係
人を変えたい支援と、人を受容れたい支援

トランスジェンダーに「もっと自分を出しなよ」とかアドバイスするのはやめておくれ。 それには代償がとも …