なぜ人は人を攻撃するのか?

なぜ人は人を攻撃するのか? これは私の子供のこれからの疑問でした。

そして、この謎は、心理専門家になってから、よく訊かれる質問でもあります。

一つの答えを出してみます。

怒ったり、怒鳴ったり、ねちねち嫌みを言ったり、こけおろしたり、批判したり。そういう攻撃はなぜ起きるのか? 

人が人を攻撃するとき、「人を変えたい」と思っています。

そして、心のどこか目立たないところで、「人に変わってもらうためには、人に苦痛を与えるとよい」と思っています。

苦痛をプレゼントすれば、相手はその苦痛を避けるために行動を変えると思っています。思っているといっても、意識的、理性的、戦略的に思っているのではないです。自分の情動から生じる自動的な無意識よりの思考もどきです。

相手にぶつけなくても、自分の心の中で相手を蔑むのも同じことです。

それを手放すための方法は、様々に提唱されています。

さて、あなたはいつかこの知識を使って、人を攻撃したくなるでしょう。もしくは、この文章を攻撃したかなるかもしれません。そんなときも、同じことが起きています。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

感情知能
人を評価するとき、苦しみが隠れている

「人が間違っている。人が悪である。人が未熟だ」と評価するとき、裁くとき、 人を変えたいという気持ちが …

人間関係
シャドゥという心理現象をセラピー現場からみると

「シャドゥ」についておさらいです。 ※ユング心理学の定義を超えて、最近のセラピー現場の知見を反映した …

人間関係
口説くということ

お相手を探す女子が、嫌いなのに「強引」と「しつこい」というのがあります。逆に「優しい人がいい」なんて …