目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとね。

Facebooktwittergoogle_plus

目に見えないものを見るためには、眼に観えるものをちゃんと観ないとですね。
 
勝手な推測を、まるで観たことのように思い込んでいると、本当のことが観えません。

思い込みは真実を隠します。

よい推測をするためには、それが推測であることを自覚しないとですね。

 

「あの女性は網タイツで色気を演出している」

眼に見えているのは「網タイツ」。「色気を演出している」は推測。

脚の怪我を目立たなくするための網タイツかもしれません。思い込むことで、様々な可能性は観えなくなります。

 

「あいつは何も考えていない」

他人が考えているか、考えていないか、はたして観えるでしょうか。

推測することは悪ではありません。推測を観察だと思い込むことを避けたいのです。

「あいつは何も考えていないようにみえる」

おお、いいですね。推測であることを自覚しました。

そうすると、「私にとって」という前置きが観えてきます。

視野が「相手1人」から「自分と相手2人」へと拡がります。

二人の関係性というような、見えないものが観えてきます。

 
実践はPoints of You 実践講座 Just be編 「あるがままを観る」で。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
Points of Youとマインドフルネス Points of You 実践講座 Just be編 - あるがままを観る(マインドフルネスで心の目を開く) の補講です。 投影か五感か Points of Youのプロセスは、知識や世界観の投影を現実と混同することを退けて、あるがまま観察(五感やinner search)を促すとい...
Points of You 実践講座 Just be編 「あるがままを観る」... - Points of You Japan 公認 - 【定員】 各回 6名くらい(会場等によります) 【開催予定】 イベントの予定一覧...
マインドフルネスは「集中」と「広がり」... 熊野宏昭教授の講演におじゃまいたしたした。 マインドフルネスの報道が改善されてきたようです。 マインドフルネスは「集中」と「広がり」と説明してるのに、それを取材したテレビでは「集中」だけが報道されてきた。そんな取材はお断りと主張して、やっと、ちゃんと報道してくれるようになってきたそうです...
五感を使う発想法 Points of You(写真カード)をインスピレーション・ツールとして使うことを、 五感を使う発想法 と呼んで、紹介しております。これは、ロジックを使わないこととでもいいましょうか。 カエルの写真カードを観て、「これは温かいですか?冷たいですか?」と質問されたときに、「...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: Points of You, マインドフルネス, 視点・本当の問題 タグ: , , , パーマリンク